【F1】予選フォーマットが一部変更か?1人ずつノックアウトされる方式に

©Pirelli
©Pirelli

 2016年の予選フォーマットが一部変更になる可能性がでてきた。F1のストラテジーグループは、予選フォーマット変更に関する決議をとり、全チームが合意。3月初旬に開催される世界モータースポーツ評議会での承認を受けて正式決定となる。

 2006年以降、3ラウンドのノックアウト方式が採用されてきたF1。今年も、大まかなフォーマットは変わらないが、各ラウンドごとで一気に数人を落とすのではなく、ラウンド内に幾つかの制限時間を設け、その時点で最下位だったドライバーが1人ずつ脱落していくのだ。

 まずは全22台が出走する予選Q1。ラウンド全体の時間は16分に短縮される。最初は全車が自由にアタックできるが、7分経過時点でタイムシートの最下位(22位)のドライバーの脱落が決定。Q1内であっても順位が確定し以降の出走ができなくなる。これを皮切りに90秒ごとに最下位のマシンが1台ずつ脱落していき、最終的15台がQ2へ進出となる。

2016F1新予選フォーマット(Q1)

 続くQ2。以前と同様にここで持ちタイムがリセットされて再び1台ずつのノックアウトへ。全体時間は15分で、最下位のマシンが1台ずつふるいにかけられ始めるのは開始6分を過ぎてから。15位のマシンが6分経過時点で落とされたのを皮切りに90秒ごとに1台ずつ脱落。最終的に8台がQ3へ進出となる。

2016F1新予選フォーマット(Q2)

 最終Q3は14分間のセッションに。最初の5分を経過したところから1台ずつノックアウトされていき、最終的には上2台の一騎打ちがラスト90秒で繰り広げられることになるのだ。

2016F1新予選フォーマット(Q3)

 これにより特にQ1でも上位陣はセッション前半にタイムを出しておく必要がある。その分、コースの混雑も予想され、トラフィックでタイムを出せなかったドライバーがノックアウト候補になってしまう可能性も十分にありうるのだ。

 またこれまで同様にノックアウトゾーンにいるドライバーは2回、3回目のアタックを強いられるのだが、そのタイミングが遅いと最下位になってチェッカー前に脱落が決定してしまう可能性がある。そのため連続周回でアタックを続けてタイムアップを試みるか、早めに2回目を行うかなどが、臨機応変な対応が迫られることになる。

 その一方で、90秒の感覚があるにせよ、脱落者が小分けされている状態なので、いったい誰が残っていて誰がノックアウトで、誰が当落線上にいるのかなどが分からないなど、ファンとしては「ややこしいルール」が増えたという印象だろう。

 なお、この新ルールについては3月の世界モータースポーツ評議会での承認をもって正式採用となる。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る