【WEC】第7戦富士(予選):中嶋一貴が駆るTS030(#7)がアウディ勢を下し地元富士でPP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

『写真:富士スピードウェイ』
『写真:富士スピードウェイ』

F1日本グランプリに続いて、もう一つの世界選手権「WEC」も日本に上陸。静岡県の富士スピードウェイで10月12〜14日の日程でシリーズ第7戦「WEC 6 Hours of Fuji」が開催。13日(土)には公式予選が行われ、7号車トヨタTS030ハイブリッド(A・ブルツ/N・ラピエール/中嶋一貴)が地元富士でポールポジションを獲得した。

13時30分から始まった公式予選は、クラスによって走行時間が分けられ、ル・マン24時間レースで優勝したアウディR18や、第5戦サンパウロ(ブラジル)で初優勝を飾ったトヨタTS030などのLMP1/LMP2クラスは14時00分からのセッションに登場。ポールポジションをかけた20分間の予選が行われた。

7号車のTS030は現在フォーミュラ・ニッポンやSUPER GTに参戦し、富士スピードウェイを知り尽くしている中嶋一貴がアタックを担当。2周目の計測ラップで1分27秒499を叩きだし、暫定トップに立つ。これにル・マンで圧倒的な強さを見せ付けたアウディ勢が挑戦するも、一貴のタイムを上回ることができずチェッカー。トヨタのお膝元である富士スピードウェイで見事ポールポジションを獲得した。

『写真:富士スピードウェイ』
『写真:富士スピードウェイ』

2位にはル・マン優勝メンバーである1号車アウディR18 e-トロン クワトロ(A・ロッテラー/M・ファスラー/B・トレルイエ)、3位には2号車アウディR18ウルトラ(A・マクニッシュ/T・クリステンセン)が続き、明日の決勝レースでもトヨタvsアウディの熾烈な優勝争いが注目ポイントになりそうだ。

また、フォーミュラ・ニッポンに続いてWECへのスポット参戦も決意した佐藤琢磨はLMP1クラスの15号車OAKペスカローロ・ホンダからエントリー。1分30秒912で8位につけ、ル・マン24時間レースにも出走した中野信治が乗り込む25号車オレカ03・ニッサンは1分32秒548で10位となった。

『写真:富士スピードウェイ』

注目の決勝レースは、14日(日)11時00分にスタートが切られ、6時間に及ぶ耐久戦で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る