【F1】来季のシート獲得に向け「小林可夢偉F1活動募金」が始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

『Photo:SauberF1Team』
『Photo:SauberF1Team』

来季のF1シート獲得について連日報道で騒がれている小林可夢偉(ザウバー)。彼のF1活動をファンの皆さんが直接サポートできるシステム「小林可夢偉F1活動募金」が始動した。

24日(木)に活動に関する概要が書かれたページがオープン。小林可夢偉公式Facebookページでも活動開始についてのアナウンスが行われた。専用ページには現在来季のシート獲得に向けて交渉を進めているものの、スポンサー資金(持参金)の有無で状況が大きく変わることが明言されている。また連日の報道を
受け、可夢偉に資金面での援助をしたいと希望するファンからのメッセージも多数寄せられていたとのこと。可夢偉本人と関係者で話し合った上で、ファンからのサポートを受ける結論に至ったという。

「もちろん現在の日本の状況を考えると、一個人がF1でレースを続けるために、みなさまから活動資金を募ることは非常に心苦しく感じるところもあり、大変悩んでおりました。ただ、小林が走り続けることで、少しでも皆様に勇気や力を与えられるのであれば、それこそ大きな意味があるのではないかとの結論に至りました。(可夢偉F1活動募金サイトより)」

小林可夢偉F1活動募金サイト

募金は一口1万円から、指定された銀行口座に振り込むシステム。この活動で得られた収益は全て彼の2013年活動にあてられる。ファンには「KAMUI SUPPORT」の特製リストバンドがプレゼントされる。なお募金後、ホームページ内で指定されたメールアドレス宛に必要事項の送信が必要。

 

※募金に参加される場合は、該当ホームページ内の注意事項や趣旨を、よくご理解いただいた上で募金を行なってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る