【F1】ヘレス合同テスト3日目(2月7日):マッサが驚速トップタイムを記録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Pirelli
『Photo:Pirelli』

ヘレス合同テストは3日目に突入。7日もドライコンディションで終日テストが行われ、11チーム12名のドライバーが参加した。

この日からは担当ドライバーを変更するチームが多く、レッドブルは3連覇を成し遂げた現王者セバスチャン・ベッテルがヘレス初登場。RB9での初テストながら101周も走り込み、マシンの習熟に努めた。初日3位、2日目はトップタイムを記録したロータスチームは、エースのキミ・ライコネンが満を持して登場。ベッテルに次ぐ4番手タイムを記録した。

注目ドライバーが顔を揃えた3日目でトップタイムを記録したのはフェラーリのフェリペ・マッサ。前日までのトップタイム(1分18秒台)を大きく上回る1分17秒879を記録した。昨年はプレシーズンテストからマシンバランスに苦しんだフェラーリ。新車F138を本格的に走行させたマッサは「走り出しの印象は凄く良い。昨年とはかなり違う感じだよ。もちろん、まだまだF138のことを知る必要はあるが、確実に素晴らしい一歩を踏み出すことが出来た」と、初日のテスト終了後にコメントした。フェラーリは今週のヘレステスト全日程をマッサが担当することになっており、明日も良いタイムが期待できそうだ。

また、2日間トラブルやアクシデントで満足に周回することが出来なかったメルセデスAMG。今日はニコ・ロズベルグが担当し、これまで不完全燃焼に終わった分を取り戻すべく、約2レース分の距離にあたる148周を走破。ベストタイムも1分18秒766を記録し、2番手で3日目のテストセッションを終えた。

『記事:吉田 知弘』

【ヘレス合同テスト3日目(2月7日)結果】
1位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)1分17秒879
2位:ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)1分18秒766
3位:セバスチャン・ベッテル(レッドブル)1分19秒052
4位:キミ・ライコネン(ロータス)1分19秒200
5位:ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)1分19秒247
6位:ジェームス・ロシター(フォースインディア)1分19秒303
7位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分19秒603
8位:エステバン・グティエレス(ザウバー)1分19秒934
9位:マックス・チルトン(マルシャ)1分21秒269
10位:バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)1分21秒575
11位:シャルル・ピック(ケータハム)1分22秒352
12位:ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)1分23秒729
(リザルト:ヘレスサーキットより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る