【ビギナー観戦塾】2013F1日本GP企画チケット紹介(1)「レディースシート」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

KANSENZYUKU

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます。
いよいよ2013年のF1日本グランプリ観戦チケットの販売開始が迫ってきました!

今年も「鈴鹿にF1を観に行こう!」と考えていらっしゃる方が多いと思いますが、特に初めて行かれる方々の多くが「どんなチケットを買えば、F1観戦を楽しめるのか分からない・・・」と不安に思われていたり、このチケット選びのところで挫折して、鈴鹿までたどり着いていない方も多いはずです。

実は鈴鹿サーキットでは、2010年から「より多くのファンに楽しんでもらえるように」「ファンそれぞれの“観戦スタイル”“観戦時のリクエスト”に応えられるように」と、様々なスタイルのチケットを販売。これを総称して「企画チケット」と呼んでいます。これによってファンそれぞれのスタイルに合ったF1観戦が実現したのですが、逆に観戦券の種類が多くなりすぎて初めて観戦に行く方にとっては“大きなハードル”になってしまっているのも事実です。

そういった皆さんのために、ビギナー観戦塾では今回から数回に分けてF1日本グランプリの観戦チケットの詳細をご紹介していこうと思います。まずは、最近のF1日本グランプリでは大人気で欠かせない存在となった企画チケット「レディースシート」のご紹介です!

【女子会@F1観戦にはオススメ!「レディースシート」】
KANSENZYUKU KANSENZYUKU

2010年から導入されたレディースシート。“F1は男性だけが楽しむ競技”ではありません!実際にモータースポーツは女性にも大人気ですし、F1日本グランプリでも女性同士で観戦にいらっしゃっているファンをたくさん見かけます。
特に女性ファンに大人気のキミ・ライコネン(ロータス)やセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はシーズンオフのテストでも絶好調!「久しぶりにF1を観に行こう!」と考えていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

そんなF1を、今流行りの「女子会」的感覚で少しでも気軽に楽しんでいただこうと、今年もメインストレートのV1、V2席に女性専用シートが用意されています。

【便利の良いV1、V2席!】
KANSENZYUKU KANSENZYUKU

観戦席のすぐ下にはフードショップやお手洗いなどの環境も充実している他、観戦エリア裏のGPスクエアには、「パウダールーム」も設置されています。このようにレディースシートは、女性ファンの皆様に“より快適に”F1観戦を楽しんでいただける環境が整っているのが特徴です!

【皆で観戦すれば、V1席チケットも“3万円台”で購入可能!】
さらに、V1席のレディースシートはみんなで購入するとお得になるのがポイント!通常だと62,000円するチケットが、6名以上で頼むと総額18万円(一人あたりの料金は30,000円!)になります。是非、今年は「女子会でF1観戦」というのも良いかもしれませんね!

2012年のレディースシート特典グッズ(MOBILITYLAND)
[レディースシートでは専用のお役立ちアイテムももらえます!(画像は2012年のもの、今年は未定です)]

【今年もB2席にレディースシートが登場!】
毎年、大好評でエリアが拡充されてきたレディースシート。今年はついにグランドスタンドを飛び出し、1-2コーナーのB2席にもレディースシートが登場!GPスクエアから少し離れた1コーナー席ですが、V1,V2席に負けない絶景でF1観戦が出来ます!

KANSENZYUKU KANSENZYUKU
[B席近くのC席裏にも昨年はパウダールームが設置されました!]

『レディースシート チケット販売詳細』
発売開始:2013年3月24日(日)10:00〜
チケット料金表:(鈴鹿サーキット公式Webサイト)

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
最初にも触れた通り、「F1は男性だけが観戦して楽しむ競技」ではありません。昨年は特にそうでしたが、女性同士で観戦に来て楽しんでいるファンはすごく多かったです。是非、この機会にF1好きの友人を誘って鈴鹿サーキットへ観戦に行ってみましょう!

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る