【SF】Team KYGNUS SUNOCOが体制発表、今季は2台体制で参戦

KANSENZYUKU

今年から新たに名称が変わる全日本選手権スーパーフォーミュラに参戦するTeam KYGNUS SUNOCOが1日、都内のホテルで2013年の参戦体制を発表した。

2011年からTeam LeMansから独立する形でキグナス石油と日本サン石油(SUNOCO)が母体となる形で立ち上がったチームで参戦していたが、今年は2台体制になることが発表され、7号車も黄色の紺のカラーリングで統一されることも明らかになった。

ドライバーは昨年に引き続き2009年のF・ニッポン王者ロイック・デュバルがドライブ。しかし世界耐久選手権(WEC)の参戦もあり、第1戦(鈴鹿)と第7戦(鈴鹿)はアンドレア・カルダレッリがステアリングを握ることになっている。

7号車には、昨年の全日本F3チャンピオンである平川亮を起用。デビューイヤーながら開幕2連勝を飾るなど大活躍をみせ、現在国内でも注目を集めている若手ドライバーが、今季はスーパーフォーミュラでどんな走りをみせてくれるのか注目だ。

また平川が乗り込む7号車には次世代のファンにもスーパーフォーミュラというレースに親しみを持ってもらおうと、大人気のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」とコラボし、そのロゴが貼られることも発表された。

昨年は名手デュバルの活躍とチームワークの良さもあり第6戦(SUGO)で3位、最終戦(鈴鹿:Race2)で2位表彰台を獲得。今季は注目株の平川も加わり、優勝候補の一角として目が離せないチームになりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る