【鈴鹿ファン感】雪の中でも大盛況!星野、中嶋、琢磨らがF1マシンをデモ走行

KANSENZYUKU

初日の鈴鹿ファン感で一番の注目イベントは、やはりF1のデモ走行かもしれない。お昼休みのピットウォーク&グリッドウォークが終わり、午後からはいよいよF1のデモ走行。

朝から降り続けている雪は回復することなかったが、直前に2018年までのF1日本グランプリ開催継続が発表されたこともあって、ファンやドライバーからは笑顔が見られた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

鈴鹿でのF1日本グランプリは今年で25回目の記念大会になることもあり、合計8台のF1マシンが登場。その中でも今回の目玉マシンであるティレル019は一番注目を集めていた。それに乗り込む中嶋悟氏は1990年当時に使用していたレーシングスーツで登場。今までキャメルロータスの黄色いスーツでイベントに参加していることが多かったため、新鮮な印象を与えた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

残念ながら彼の次男である中嶋大祐が乗り込んだロータス101はマシンの調子が良くなく走行を断念したが、鈴木亜久里が乗り込んだラルースLC90や中野信治が乗ったフェラーリF2003などが満員で埋め尽くされたファンの前で元気な走行をみせた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

その後、“元祖日本一速い男”の星野一義氏、“日本人初のフルタイムF1ドライバー“中嶋悟氏、そして現在もインディやスーパーフォーミュラで活躍する佐藤琢磨の3人が登場。「1987年F1に衝撃」と題して、初めて鈴鹿にF1がやってきた時のエピソードなどを披露した。

その後、星野氏はウィリアムズFW11、中嶋氏はティレル019、琢磨はマクラーレンMP4/5に乗り込み、3人同時のデモ走行がスタート。この豪華なメンバーによるデモランとあって、サーキットはこの日一番の盛り上がりをみせた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

しかし、肝心の天候は回復せず雪が舞う中でのデモ走行だったが、3人ともコースアウトしないように安全に走りつつもストレートではアクセル全開にするなど、懐かしいF1サウンドを響かせた。

KANSENZYUKU

走行が終わり、マシンを降りた3人は満面の笑みを見せ、本人たちも楽しんでいた様子。明日も3人は鈴鹿ファン感に登場予定で、琢磨はスーパーフォーミュラRd.0に参戦する他、中嶋氏と星野氏は鈴鹿でのファンイベントでは恒例となった「夢のF1対決」が今回も開催されるなど、見どころ盛りだくさんだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る