【鈴鹿ファン感】F1マシンやWGPバイクも再び鈴鹿を激走!2日合計で43,000人が来場し閉幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

KANSENZYUKU

3月2日に開幕した鈴鹿ファン感も、あっという間にフィナーレの瞬間を迎えた。晴天に恵まれ前日を上回る23,000人が訪れた2日目。一番のメインイベントであった星野vs中嶋のF1対決終了後には、1日目にも登場したエディ・ローソンが再びWGPバイクや鈴鹿8耐を行った。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

昨日とは打って変わりドライコンディションに恵まれた2日目は昨日抑えていた分もと言わんばかりの全開走行を披露。「2周なんて少なすぎる。もっともっと走っていたいくらい乗っていて楽しいし、ファンの声援も嬉しい」と満面の笑みをみせた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

今年の鈴鹿ファン感最後のイベントは往年のF1マシンによるデモ走行。昨日同様にラルースLC90やティレル019、フェラーリF2003にロータス97Tなどが登場した。実は昨日も走行予定だったロータス101はマシンの調子が良くなく走行を断念する予定だったが、ギリギリのところで走行可能になり中嶋大祐が1989年に父が駆っていたマシンで鈴鹿サーキットを駆け抜けた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

しかし逆に調子が悪くなってしまったのが2003年のチャンピオンマシンであるフェラーリF2003。昨日も小雪が舞うコンディションだったにも関わらず元F1ドライバーの中野信治が乗り込んで全開に近い走行を披露、今度はドライコンディションだったため甲高い“フェラーリサウンド”を楽しみにしていたファンも多かったが、残念ながらスタートできずにピットレーンにマシンが押し戻されてしまった。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

こうして、あっという間に2日間のイベントが全て終了。最後はエディ・ローソン、星野一義、中嶋悟、佐藤琢磨など参加したドライバー・ライダーがそれぞれのマシンで再びコースに登場。最後はホームストレートに整列し、グランドスタンドに集まってくれたファンに笑顔で挨拶。そして最後の最後でデモランが出来なかったF2003が何とかエンジンがかかり、1周のみだったがファンの前に元気な姿をみせた。これにはグランドスタンドで走行を楽しみにしていたファンから拍手が沸き起こった。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

こうして閉幕を迎えた2013年の鈴鹿ファン感。2日間合計の総来場者数は43,000人。今週末は2018年までF1日本グランプリ開催延長が決定するなど、不況により暗い状況が続いていたモータースポーツ界に明るい話題が飛び込む良い週末だった。

これを機にSUPER GTやスーパーフォーミュラ、D1、スーパー耐久、2輪の全日本ロードレースなど、続々とシーズン開幕を迎える。鈴鹿サーキットをはじめ、国内の各サーキットで昨年以上に盛り上がり、来場者が増えるシーズンになることを願いたい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る