【JSB1000】難しいコンディションを制した秋吉がポールポジションを獲得!王者中須賀は2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MOBILITYLAND
©MOBILITYLAND

3月30日、国内最高峰の2輪レース「全日本ロードレース選手権」がツインリンクもてぎで開幕。この日は公式予選が行われ最高峰クラスのJSB1000は秋吉耕佑(F.C.C. TSR Honda)がポールポジションを獲得した。

前夜からの雨でウエットコンディションからスタートした予選日。JSB1000の予選開始時点では路面が乾き始めてきていたが終盤に雨がパラつき出すなど、終始難しいコンディションとなった。今年は2ラウンド制のノックアウト方式で予選が行われ、40分間のQ1では高橋巧(MuSASHi RT ハルク・プロ)が1分50秒168でトップタイムを記録した。しかし続くQ2の“トップ10トライアル”では、アタック中に転倒してしまうなど歯車が噛み合わず、結局10位に終わった。

©MOBILITYLAND
[秋吉耕佑(©MOBILITYLAND)]

トップ10トライアルで速さを見せたのが秋吉。1分50秒385を記録し、今季最初のポールポジションを獲得。昨年前はシーズン直前のテストで転倒、大怪我を追ってしまい開幕戦は欠場を余儀なくされたが、再び全日本選手権のタイトル奪還のために、幸先の良いスタートを切った。

©MOBILITYLAND ©MOBILITYLAND
[中須賀克行(©MOBILITYLAND)]

2位には昨年のチャンピオン中須賀克行(ヤマハYSPレーシングチーム)が入った。3月初旬に鈴鹿で行われたテストではS字で激しく転倒するシーンも見られ、シリーズ戦への影響が心配されたが、元気な姿で登場。予選では秋吉に届かなかったものの決勝で優勝を十分に狙える位置につけた。3位には名門ヨシムラから参戦する津田拓也(ヨシムラスズキレーシングチーム)、4位に柳川明(TEAM GREEN)、5位に加賀山就臣(Team KAGAYAMA)など、国内を代表するライダーが上位に名を連ねた。

注目の2013シリーズ開幕戦JSB1000クラスの決勝は31日(日)15時15分からスタート予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る