【SF】2013第1戦鈴鹿:今年も恒例の鈴鹿2&4レースが開幕!

©KANSENZYUKU

毎年恒例のビッグイベント「鈴鹿2&4レース」が13日に開幕した。
搬入日となった前日は天気予報にはなかった雨が降るなど、週末に向けて不安になるような天候だったが、一夜明けた鈴鹿サーキットは晴天に恵まれ、まさに“モタスポ観戦日和”となった。

午前8時00分のゲートオープンを前に、今年も鈴鹿サーキットのシーズン開幕を楽しみにしていたモータースポーツファンが集結。オープンと同時にパドックや各スタンドなど、お目当ての場所へ急いでいっていた。

今回はフォーミュラ・ニッポンから新しく名称変更し、「全日本選手権スーパーフォーミュラ」としての記念すべき第1戦目となるレース。3月に行われた公式合同テストでは新スペックのタイヤの影響や熟成されたマシンが本領を発揮、F1のラップタイムに匹敵する1分36秒台のタイムが連発するなど、昨年以上にハイスピードなバトルが期待できる。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

さらに各ドライバー間のタイム差も拮抗していおり、チャンピオン経験者、ルーキー、ベテラン、外国人ドライバー関係なく、誰がポールポジションを獲得しレースで優勝してもおかしくないほどの激戦が予想されている。

特に午後から行われる予選では、昨年の上位メンバーもQ1から脱落する可能性は十分にあるだけでなく、ルーキードライバーたちもQ3進出だけでなくポールポジション争いに加わってくるだけの速さをプレシーズンテストで出している。

さらに今回は開幕戦から佐藤琢磨(TEAM無限)もスポット参戦。3月の鈴鹿合同テストにも参加し、2日間きっちり走り込んでおり、昨年とは一味違った走りに期待できそうだ。

注目のスーパーフォーミュラ開幕戦、この後9時05分〜10時05分でフリー走行が行われ、13時50分からノックアウト方式の公式予選がスタート。SF最初のポールシッターが誕生する。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る