【SF】2013第1戦鈴鹿:残り1周半でまさかの逆転劇!伊沢拓也がSF初代ウィナーに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

スーパーフォーミュラの開幕戦鈴鹿。いよいよ決勝レーススタートの時間となった。
午後になり少し曇り始めた鈴鹿サーキット。決勝前のグリッドでは恒例のグリッドウォークが行われ、賑やかなスタート進行となった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ポールポジションは伊沢拓也(DOCOMO DANDELION RACING)、2番手に小暮卓史(NAKAJIMA RACING)とホンダエンジン勢がフロントローを独占し、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、松田次生のLenovo TEAM IMPULが2列目につけるグリッド。スポット参戦で注目を集める佐藤琢磨(TEAM無限)は6番手スタートとなった。

フォーメーションラップを終えてスタートが切られると、伊沢が順当にホールショット、小暮、松田、JP、琢磨と続いていく。予選の勢いをそのままに伊沢がリードを広げていくのかと思われたが、小暮がすぐに間合いをつめていき2周目の1コーナーでオーバーテイク。ここから1周約1秒のペースで逃げ始めた。

決勝ではタイヤ交換義務等はなく、最低でも給油のために1回のピットインが必要。特に今回は300kmと距離が長く、2ストップ作戦を敢行するチームもあるのではないかと言われていた。小暮はあっという間に5秒以上のリードを築いていき、2ストップ作戦のペースで周回を重ねた。スタートで5番手に上がった琢磨。その後少しずつ順位を落とし9位を走行していたが、フライングだったことが判明し痛恨のドライブスルーペナルティを受けてしまう。今回は予選から好調だっただけに悔やまれるフライング。18位まで後退してしまった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

レースは小暮が独走し、ややこう着状態が続いたまま中盤に突入。15周を過ぎると各チームのピット作業が始まっていく。まずは16周目に中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)がピットイン。これでナカジマレーシングは2回のピットストップ作戦だということが改めて判明する。チームメイトの小暮も21周目にピットイン。しかし燃料をたっぷり積んで34.2秒でピットアウト。誰もが予想していなかった1回のみのピットストップだった。これに気付いた伊沢サイドも一気にプッシュし逆転を狙って26周目にピットイン。小暮より前でコースに復帰するもタイヤが温まっておらず、すぐに2コーナー出口で抜かれ、結局小暮を逆転することはできなかった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

レース後半は、その後方の3位争いが盛りあがる。序盤から3位をキープしていた松田に、5番手スタートの山本尚貴(TEAM無限)がピットストップで順位を上げ4位に浮上。そこから1分41秒台を連発し、少しずつ松田を追い詰めていく。一方の松田はフロントタイヤが摩耗し、思うようにペースが上がらない。山本も消耗し始めたタイヤにムチを打ってプッシュし、松田攻略にかかる。

背後の気配を察知した松田は残っている西ストレートでオーバーテイクスイッチを使い、シケインで仕掛けようとする山本から必死に逃げる。一方の山本もシケインから1コーナーで仕掛けようとオーバーテイクスイッチを使うが、後一歩届かない。2人の一進一退の攻防にサーキット全体が注目した。

©KANSENZYUKU

3位争いが白熱する一方、小暮の2010年以来の優勝が目前に迫ってきた49周目、小暮に予想外の事態が起こる。エンジンが不調でパワーダウンしペースが落ちてしまう。2.8秒後方にいた伊沢はチャンスとばかりプッシュ。なんと50周目の西ストレートで逆転に成功。なんと残り1周半で思いもよらぬ形でトップが交代。伊沢はそのままトップチェッカーを受け通算3勝目、スーパーフォーミュラになってから初のウィナーとなった。

ファイナルラップに入っても小暮のペースダウンは続き、3位争いをしていた松田、山本も接近。松田はシケインでアウトから飛び込み2位を奪還。山本も抜きにかかるが小暮も必死に応戦。2台は並んだままチェッカーを受け、わずかの差で小暮が先着。山本は悲願のシリーズ戦初表彰台をたった0.065秒差で今回も逃す結果となってしまった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

優勝した伊沢は「思いもよらぬ形で優勝することになったけど、ここまでシーズオフのテストを通してチーム全体で努力して準備してきた結果が今回でたと思います。」とコメント。鈴鹿サーキットを51周、300kmの長丁場レースとなった今回の開幕戦だったが、トップ4台がわずか3秒以内にひしめいた状態でのチェッカーと、予想以上に大接戦ということを予感させる今シーズンの開幕戦となった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  3. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  2. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  3. [table id=72 /]…
  4. 毎年運行されるF1日本グランプリ直通バス(JR名古屋駅太閤通口~鈴鹿サーキット第9駐車場内 間)、サ…
  5. 2017年のスーパーGT第5戦「FUJI GT300km RACE」の決勝が6日、富士スピー…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る