【F1】2013第4戦バーレーンGP:金曜フリー走行はキミ・ライコネンが最速。1秒以内に10台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

2013年のF1第4戦バーレーンGPがバーレーンインターナショナルサーキットで開幕。現地時間の19日(金)には2回のフリー走行が行われた。

午前中のフリー1回目ではケータハムからギド・ヴァン・デ・ガルデに代わりサードドライバーとして今週末チームに帯同しているヘイキ・コバライネンが久々にF1の公式セッションに登場。20周を走破した。午前中は一時雨がパラついたが、午後の2回目のフリー走行は1時間半を通してドライコンディションで行われ、各チーム・ドライバーともに予選・決勝に向けてマシンバランスの確認を行なっていた。

午後の2回目でトップタイムをマークしたのはキミ・ライコネン(ロータス)。1分34秒154を記録し、ここバーレーンでも好調なようだ。2位には0.030秒差でマーク・ウェバー(レッドブル)、3位にはその僚友のセバスチャン・ベッテルが入り、今季は流れに乗り切れていない王者レッドブルチームが存在感をアピール。今回は全体的にタイムが接近しており、トップから10位ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が1秒以内と接戦になっている。

注目の公式予選は日本時間の4月20日(土)20時00分から行われる。ヨーロッパラウンド前では最後のレース。ここでポールポジションを獲得、優勝を飾って、シーズン中盤戦に向けての流れを作るドライバーは、果たして誰になるのか?今週末のバーレーンGPから目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る