【S-GT】2013第2戦富士:決勝前のフリー走行はMOTUL NISMO GT-Rが最速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いよいよ開幕したSUPER GT第2戦富士の決勝日。まずは朝8時30分からフリー走行が行われた。決勝に向けて入念なチェックが行えるのはこれが最後ということで、各車貴重な30分を無駄にしないようにと集中してそれぞれのプログラムをこなしていた。

またグランドスタンドをはじめ、各コーナーには早朝から多くのファンが訪れ、待ちに待ったGT観戦を満喫。特にゴールデンウィーク休みを利用して、初めてGT観戦に来たファンや、友人や恋人、家族に連れられて初めてサーキットを訪れた方も多く。目の前を疾走しているGTマシンの迫力に圧倒されていた。

30分間のセッション。GT500クラスのトップはMOTUL NISMO GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)。1分33秒379をマークした。今日の決勝は3番手からのスタートということで開幕戦同様にトップ争いに絡んでくることは間違いなさそう。2位にはPPを獲得したPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)が続き、こちらも好調さを維持。

GT300クラスはOGT Bonds Racing GT-R(イゴール・スシュコ/井出有治)が1分38秒779でトップ。昨日も予選Q1でGT-R(GT3)勢が速さをみせていただけに、午後の決勝でも注目が集まる。2位にはSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)、3位にはMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)と好調JAF-GT勢が上位をキープ。午後の決勝での走りが楽しみだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る