【S-GT】2013第2戦富士『決勝速報Part2(67/110Laps)』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

白熱しているSUPER GT第2戦決勝。20周を過ぎたあたりから1回目のピットストップのタイミングに。他陣営のアクシデントによりレクサス勢が上位を独占しているGT500クラス。真っ先に動いたのはDENSO KOBELCO SC430(石浦宏明)。25周目にピットに入るとベテラン脇阪寿一にバトンタッチした。続いてENEOS SUSTINA SC430(大嶋和也→国本雄資)、ZENT CERUMO SC430(立川祐路→平手晃平)が続々とピットイン。最後にトップを走るPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴)が満を持して39周目にピットに入る。作業を終えてトップでコースに復帰するが、脇阪がこの間に一気に差を詰め、気がつくと真後ろへ。36号車の第2スティントを担当するジェームス・ロシターも逃げようとするが、温まっていないタイヤではどうすることも出来ず、脇阪の先行を許すことに。ここからトップ争いは約3秒の間隔で膠着状態となっている。

一方、後方ではRAYBRIG HSV-010(小暮卓史)とREITO MOLA GT-R(関口雄飛)の7位争いが白熱。若い関口が果敢に攻めていくもののベテラン小暮が冷静に対応。サイド・バイ・サイドの白熱した展開となりグランドスタンドも両者のバトルに釘付け。最終的に経験抱負の小暮に軍配が上がった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT300は相変わらずMUGEN CR-Z GTが絶好調。35周目に武藤英紀から中山友貴にドライバー交代してもペースが落ちる気配が全くなく、後続に対して40秒もの大差を築き独走状態を築いている。2位には同じハイブリッドGTカーのPanasonic apr PRIUS GT(嵯峨宏紀)が浮上。3位には、GSR初音ミクBMW(片岡龍也)が続く。FIA-GT3車両と燃費面では不利だが巧みなレース戦略を駆使し徐々に順位を上げてきた。後半戦の走りが期待されたが、59周目にまさかのタイヤパンク。無念の後退を余儀なくされてしまう。

いよいよチェッカーに向けて最後の2回目のピットストップが迫っている。初音ミク号のように今回はタイヤがパンクする車両が多く、細かなトラブルに見舞われるマシンが多くなっている。このまま39号車と16号車が逃げ切るのか?それとも、終盤になにかドラマが待っているのか?いよいよ最終スティントを迎える。

【GT500(67周終了時点)】
1位:DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)
2位:PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)
3位:ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)
4位:ENEOS SUSTINA SC430(大嶋和也/国本雄資)

【GT300(63周終了時点)】
1位:MUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)
2位:Panasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)
3位:クリスタルクロコ ランボルギーニGT3(山西康司/細川慎弥)

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る