【F1日本GP】中嶋親子3人の来場が決定!父悟氏の現役時代に鈴鹿を走ったマシンも展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

10月11・12・13日に鈴鹿サーキットで開催される2013F1日本グランプリ。今年は鈴鹿での開催が25回目という節目の大会となるが、その会場に日本人初のフルタイムF1ドライバーである中嶋悟氏と、現在国内レースを中心に活躍する息子の中嶋一貴、大祐兄弟が3人揃って来場することが決定した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

これまでも国内のレースシーンやイベントなどで親子の共演は何度かあったが、F1日本グランプリの舞台で3人揃っての登場は初めて。期間中はトークショーや恒例のF1マシンデモ走行などに参加する予定。またGPスクエアでは中嶋悟氏が1987年から1991年までの5年間、F1の舞台で乗ったマシン5台全てが展示される予定。その中で実走行可能なロータス101(1989年)、ティレル019(1990年)はデモ走行でも使用される。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
[中嶋悟氏]

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU
[左:中嶋一貴、右:中嶋大祐]

鈴鹿サーキットに初めてF1日本GPが開催された1987年からフル参戦を始めた悟氏。2度の6位入賞を果たすなど、今でも往年のファンには記憶に残る熱い走りを披露していた。長男の一貴は現在、国内最高峰のスーパーフォーミュラ、SUPER GTに参戦する他、WEC(世界耐久選手権)にもスケジュールの合間をみてスポット参戦。彼も鈴鹿サーキットが改修され再び日本GPの舞台となった2009年に母国凱旋レースを行なっている。次男の大祐はF1経験こそないものの、SRS-F出身で今年はスーパーフォーミュラ、SUPER GTで活躍中。特にスーパーフォーミュラではテストから調子が良く、今季は優勝争い加わってくる可能性も十分にあり、注目が集まっている。

当日は走行セッション以外に、中嶋親子によるトークショーやデモランなどのイベントからも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る