【INDY】2013第5戦インディ500(カーブ・デイ):決勝に向けホンダ勢が躍進!琢磨は19番手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

26日に決勝が行われる第97回インディ500。現地時間の24日(金)には、レース前では最後の本格的なプラクティス日「カーブ・デイ」を迎え、33人のドライバーがレースセッティングの確認を行った。

18・19日に行われた予選では天候状況なども影響し。トップ10をシボレーエンジン勢が占める形となり、ホンダエンジン勢が苦戦。特にポイントリーダーの佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)をはじめ、スコット・ディクソンやダリオ・フランキッティといった名門チップ・ガナッシ・レーシングも6列目(16・17・18番手)まで後退する展開となってしまった。しかし、今回のカーブ・デイではホンダエンジンユーザーのシモン・パジェノー(シュミット・ハミルトン・HPレーシング)が225.827mph(39秒8536)でトップタイムを記録。ディクソンが4番手、フランキッティも6番手に入るなど、トップ10圏内にホンダ勢が6台。決勝に向けて手応えを掴んでいた。

©INDY CAR
©INDY CAR

琢磨は223.737mph(40秒2258)とやや伸びず19番手タイム。プラクティスからトップに躍り出るほどの速さは見せていないものの、地道に予選・決勝のセッティングを探ってきているだけに、決勝での巻き返しに期待したい。

2013インディ500決勝がスカパー!オンデマンドやニコニコ生放送で有料配信が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る