【D1】2013第2戦鈴鹿:予選は内海彰乃がトップ。熊久保、野村、片岡らが敗退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

ドリフトの技を競うD1グランプリの2013シーズン第2戦が25日(土)に三重県の鈴鹿サーキットで開幕。初日から大勢のドリフトファンで賑わった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

2006年から同地で開催が始まり、今年で早くも8回目。昨年から審査区間を逆バンクから1・2コーナーに変え、F1などでも“難しい”と言われる複合コーナーを時速200km以上のスピードで進入、クルマを横に向けた「ドリフト状態」を2コーナー出口まで維持していかなければならない。

今日は26日(日)の決勝ラウンドに進出する8枠を競う予選。1台ずつが出走し、その審査ポイントで順位を決める方式で行われ、39名がエントリー。その中でも内海彰乃が100点満点中、99.91という素晴らしいスコアを叩きだしトップ通過。SUPER GTで活躍する谷口信輝、織戸学らも順当に明日の決勝ラウンドにコマを進めた。

©KANSENZYUKU

しかし、他のコースとは異なり高速でドリフト状態を維持しなければならない鈴鹿の1・2コーナーはまさに難攻不落。2012年王者の熊久保信重をはじめ、野村謙、片岡龍也といった常にD1の上位に立ち続けてきたドライバーが相次いでコースアウト。大きな減点対象となり、まさかの予選敗退となってしまうなど波乱の一日となった。

明日はシード選手16人も加わって、計24人で優勝が争われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る