【INDY】2013第5戦インディ500:決勝後の琢磨「厳しいレースだった。本当に悔しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

2013年のIZODインディカー・シリーズ第5戦。伝統のインディ500マイルレースが、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)は18番手スタートから着実に追い上げ、一時は6位まで浮上した直後にスピン。大きく後退し、結局13位でチェッカーを受けた。

昨年は最終ラップまでトップ争いに加わり、もう少しで優勝に手が届きそうなところでスピンを喫しクラッシュ。今年はそのリベンジをと意気込んでいたが、予選から不運続きで厳しいレースになってしまった。決勝を終えた琢磨はHondaの公式サイトでコメントを発表している。

「スタート直後のマシンはハンドリングがよく、ライバルたちをオーバーテイクしていくことができました。ペースもよかったと思います。しかし、ハンドリングが次第に悪くなっていきました。ほかのマシンの後ろに入ると神経質な動きを見せるようになっていきました。57周目にスピンを喫したのは、すぐ前を走っていたドライバーが独特なラインどりをして、そのタービュランスを浴びたためでした。壁にヒットせずに済んだのはラッキーでしたが、そのあともマシンはグリップが上がらず、タイヤにブリスターが出ていたほどでした。厳しいレースで、真ん中の順位まで戻すのが精一杯でした。13位という結果は、今日のレースがインディ500であることを考えると本当に悔しいです。しかし、もう次の週末はデトロイトでのレースです。これからもチャンピオンシップはさらにし烈になっていくことでしょう。我々はトップを狙い、シーズン序盤からの勢いを保って、6月の連戦を戦っていきたいと考えています」(Honda公式サイトより)

©INDY CAR

次回は6月1日(土)の第6戦デトロイト。コメントにもあったとおり、このインディ500から5週連続でシリーズ戦が開催され、一番多忙な時期にあるが、今回の13位によりポイントランキング2位と上位をキープすることに成功した。残念ながら、今回は悔しい結果に終わってしまったが、次は「シリーズチャンピオン」獲得に向けて好レースを期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る