【F1】2013第7戦カナダGP:金曜フリー走行はアロンソが最速。0.012秒差でハミルトン2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

2013年のF1世界選手権は、一旦ヨーロッパを離れ北米へ。第7戦カナダGPが現地時間の7日(金)に開幕し、金曜フリー走行がモントリオールのジル・ビルヌーブサーキットで行われた。

この日のモントリオールは、気温20℃を下回る肌寒い一日となり、前日から降り続いた雨が朝になっても残っており、午前中のフリー走行1回目はウエットコンディションでのスタート。しかし、天気は徐々に回復していき、セッション終盤にはドライタイヤを履いてコースインするドライバーも多く見られた。結局、午前中のセッションでトップタイムを叩きだしたのはポール・ディ・レスタ(フォースインディア)だった。

午後のフリー走行2回目は序盤からドライコンディションになり、一気にペースアップ。今回ソフト側として持ち込まれているスーパーソフト(赤)タイヤでの走行も行われ、午前中より5秒速い1分14秒台に突入。このセッションで一番の速さを見せたのがフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)。レース距離の約半分に当たる48周を走り込み、1分14秒818がベストタイムだった。2位には好調メルセデスAMGのルイス・ハミルトン。アロンソに0.012秒届かなかったが、明日の予選でも上位に来ることは確実だろう。3位にはロメイン・グロージャン(ロータス)が入り、現在ランキング首位のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)は7位に終わった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る