【F1】2013第7戦カナダGP:雨の予選は波乱の連続!ベッテルが今季3度目のポールポジション

©Pirelli
©Pirelli

2013年のF1世界選手権第7戦カナダGP。決勝のスターティググリッドを決める公式予選が現地時間の8日午後、カナダ・モントリオールのジル・ビルヌーブサーキットで行われた。

予選日も朝から雨に見舞われ、公式予選はウエットコンディションでスタート。しかし、合計約1時間のセッションを通して路面コンディションが目まぐるしく変化。まさに大波乱の予選となった。

まずは20分間のQ1。ドライとは異なり、コース上の雨量が一番少ない時が好タイムのチャンスとあって、ほぼ20分間に渡って多くのマシンがコース上に留まり連続してタイムアタックを刊行した。その中で午前中のフリー走行3回目は調子の良かったロメイン・グロージャン(ロータス)や、いつもなら上位に顔を出すポール・ディ・レスタ(フォースインディア)が16位以内に入れずノックアウトされてしまう。

続く15分間のQ2になると、雨の量が増し、先ほどと路面コンディションは一変。今度はそれに対応しきれなかったジェンソン・バトン(マクラーレン)やフェリペ・マッサ(フェラーリ)がノックアウトでQ3に進めなくなってしまった。

激戦を勝ち抜いた10台のマシンによる最終Q3。ここで速さを見せたのが現王者のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だった。いきなり1分25秒425を叩き出すと予選では好調のメルセデスAMG勢をはじめ誰も彼のタイムを破ることが出来ずチェッカー。第2戦マレーシアGP以来となる今季3度目のポールポジションを獲得した。2位にはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が入り、3位には初めてQ3に進んだルーキーのバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)が飛び込んだ。

決勝は、現地時間の9日14時00分(日本時間:10日午前3時00分)からスタートの予定。決勝も雨になるとの情報もあり、波乱のレース展開が待ち受けていそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る