【INDY】2013第8戦テキサス:琢磨「タイヤのグリップ低下に苦しんだレースだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

2013年のインディカー・シリーズ第8戦テキサス決勝。予選はマシントラブルによりタイムアタックができず、21番手と後方からのスタートを余儀なくされた佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)。予選日に苦しめられたトラブルも修復され、レース前の最終プラクティスでは6番手タイム。決勝での追い上げが期待された。

しかし、レース序盤からタイヤのグリップ低下によるペースダウンに苦しめられ、思うように順位を上げることが出来ず、さらにレース中盤はフルコースコーションが入るタイミングとピットストップのスケジュールが噛み合わず、順位を落としてしまう。それでも最後まで粘り強く走り続け、10ポジションアップの11位でチェッカーを受けた。

レースを終えた琢磨は、Hondaの公式サイトでコメントを発表。今週末のレースについて振り返った。

「タイヤの消耗が激しい、大変難しいレースでした。マシンがいいのは走り出して7周だけで、そこから先はグリップが下がり、マシンのバランスも崩れていきました。マシンをベストのバランスに保っておくのが非常に難しかったです。クルーたちのピット作業はすばらしい速さでしたが、我々のピットタイミングは少しベストのものからズレていましたね。ピットインした直後にフルコースコーションが出たことで、順位を大きく下げてしまいました。そこからのばん回は厳しかったのですが、なんとかがんばっていくつかはポジションを取り戻すことができました。予選日のトラブルを考えれば、私たちはチームとして大きなリカバリーを達成したと思います」(Honda公式サイトより

©INDY CAR
©INDY CAR

第5戦のインディ500以降、流れを掴みきれないレースが続く琢磨。6月は連戦続きで、第9戦ミルウォーキーも6月15日(土)に決勝が行われるなどハードスケジュールとなっている。

今回は予選日でのトラブルが悔やまれるレースとなってしまったが、データ収集がほとんど出来ないまま迎えたレースで、トップ10に迫る位置でフィニッシュできたということは、今後に向けて大きなプラス材料になることは間違いない。次回も琢磨とAJフォイト・レーシングの活躍から目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る