【2013ル・マン24H】予選1回目は2号車アウディが最速。いきなり3分22秒台に突入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

今週末に決勝が行われるル・マン24時間耐久レースの予選1回目が日本時間の早朝5時00分から行われ、LMP1クラスの2号車アウディR18e-トロン クワトロ(トム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ)が3分22秒349と昨年のポールポジションタイムを約1秒上回る速さで暫定の総合トップにたった。

現地時間の22時00分。日が沈み始めたサルトサーキットで始まった予選1回目。日中のフリー走行でもトップタイムを記録していた2号車は、ナイトセッションとなった予選ではさらにペースアップ。それにマルク・ジェネ/ルーカス・ディグラッシ/オリバー・ジャービス組の3号車が2番手、そして昨年の覇者であるアンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ/マルセル・ファスラー組の1号車が3番手につけ。早くも王者アウディ勢がワン・ツー・スリーを独占する展開。そこに一番のライバルであるトヨタ・レーシングも7号車に乗り込む中嶋一貴がタイムアタックに挑むものの、フリー走行からの差を埋めることはできず、8号車はマシントラブルでコース脇にマシンを止めてしまうなど、苦しい予選スタートとなってしまった。

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

その後もタイムアタック合戦が白熱してきた中、コース最長のストレート「ユノディエール」内にある第2シケインでクラッシュが発生。赤旗が出されセッションは中断される。コースマーシャルによってコースの修復作業が懸命に行われたが、完璧な修復までにはかなりの時間を要するとして約1時間弱を残してそのまま終了という判断が主催者側から下された。

3位に終わった1号車は本格的なタイムアタックに入る前での赤旗終了だっただけに不完全燃焼に終わってしまったが、日本時間の20日深夜から21日早朝にかけて行われる予選2・3回目での逆転に期待がかかる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る