【2013ル・マン24H】GTE-PROクラス初日トップは99号車アストン。可夢偉組は6位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

いよいよ予選がスタートした2013年のル・マン24時間耐久レース。小林可夢偉が参戦し注目を集めているLMGTE-PROクラスは初日からトップ7台が1秒以内にひしめく大接戦の展開となった。

日本時間の20日5時00分から行われた予選1回目。途中、他クラスのマシンがクラッシュしたことにより赤旗中断となり、コースの修復が間に合わないとしてそのままセッションは終了。この日の予選は1時間少々の走行となった。

クラストップはロブ・ベル/フレデリック・マコヴィッキィ/ブルーノ・セナが乗り込む99号車アストンマーティン。フリー走行ではおもったほど元気がなかったものの、予選ではきっちりと好タイムをマークし3分55秒658を記録。可夢偉のチームメイトでジャンカルロ・フィジケラ/ジャンマリア・ブルーニらが乗り込む71号車AFコルセ(フェラーリ)が2位に続いた。小林可夢偉/トニ・バイランダー/オリビエ・ベレッタ組の71号車は6番手タイムだが、彼らを含め上位7台は1秒以内にひしめく接戦。さらに赤旗の影響で本格的なタイムアタックができていないチームが多く、セッション終盤を担当する予定だった可夢偉も結局タイムアタックできずに予選1回目を終了した。

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

日本時間の20日深夜から21日早朝にかけて行われる予選2・3回目。WEC第1・2戦のアストンマーティンvsAFコルセ(フェラーリ)の勢力図にポルシェ勢も加わった三つ巴になっており、このクラスは最後の最後まで白熱したポールポジション争いが展開されそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る