【ル・マン24H】<決勝速報8>GTE-Proクラスは99号車アストンが再逆転!可夢偉組は2周差の6位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

2013年のル・マン24時間耐久レースは全体の3分の2にあたる16時間が終了。総合トップは引き続き2号車アウディが守っており、早朝からドライブしているロイック・デュバルは4スティント目に突入。ラップタイムも3分24〜25秒を維持するなど、順調に周回を重ねている。

一方、小林可夢偉が参戦するLMGTE-Proクラスでは大きな動きがあった。ここまで少しずつピットインのタイミングを遅らせて全体のピット回数を削ってきたナイトセッション中にトップに立った92号車ポルシェ。2位の99号車アストンマーティンに1分15秒程度の差を築いて順調に走っていたが、15時間30分を過ぎたところでピットインするとクルーが慌ててマシンをガレージに戻し、緊急の修復作業。これで99号車が再びトップの座を手に入れた。

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

作業に時間がかかるかと思われた92号車だったが、すぐに修復を終えてコース復帰。現在はわずか30秒差でトップを猛追している。一気に逃げる立場となった99号車は現在ブルーノ・セナがドライブ中。ポルシェが追いついてくる前に少しでもリードを広げたいところだ。

また小林可夢偉が乗る71号車はトップから2周遅れのクラス6位。ここまで大きなトラブルもなく順調に周回を重ねている。現在はトニ・バイランダーがドライブを担当。まもなく可夢偉が登場する予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る