【2013ル・マン24H】<決勝速報10>99アストンがまさかのクラッシュ!可夢偉組4位に浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

残り6時間を切ったル・マン24時間耐久レース。現地のサルトサーキットでは再び雨が降りはじめ、序盤から各車に襲っている“ル・マンの魔物”が再び牙をむき始めた。

序盤から激しくトップ争いを繰り広げていた99号車アストンマーティンと92号車ポルシェ。接戦の展開をなんとか打破しようと、99号車はブルーノ・セナからフレデリック・マコヴィッキィと実力派でバトンをつなぎ、逃げ切り態勢を築こうとした。チームの期待通り、後続の少しずつ引き離しにかかった矢先に、雨で足元をすくわれユノディエールの第1シケイン出口でコントロールを失いクラッシュ。マシンフロント部を大きく損傷し、ドライバーが無事か一瞬心配されたが、彼は自力でマシンから脱出し走ってガードレールの外へ避難。幸い大きな怪我はなかったようだが、ここまで18時間以上チーム一丸となって必死にトップ争いをしてきただけに、その場で座り込んで落胆している様子が見られた。

このクラッシュにより、この日10回目のセーフティカー導入。99号車の脱落に加え、5位を走っていた51号車AFコルセもピット作業中にマシンから出火。大事には至らなかったが、大きくタイムロスをしてしまった。これにより、ちょうど可夢偉が乗り込んだ71号車AFコルセが単独4位に浮上。前を走るポルシェ、アストンマーティンに対して2周の差がついているが、前のマシンに何か不測の事態が起これば逆転で表彰台圏内に上がれるとだけ合って、残り4時間30分でSCランが終了しレースが再開されると、3分58秒台のタイムを連発し激走を続けている。

残り時間と彼らのレースペースを考えると、自力での逆転は難しいが、何が起こるのか分からないのがル・マン24時間。初のル・マン挑戦だが、このまま最後まで“可夢偉らしい”最後まで諦めない走りを期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る