【2013ル・マン24H】最後まで天気に翻弄された今年の決勝レース、2号車アウディが総合優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

2号車アウディがトップを守り切ったまま迎えた2013年ル・マン24時間耐久レースの終盤。今年現れたル・マンの魔物は最後の最後まで参戦チーム・ドライバーを苦しめるドラマを用意していた。

残り1時間を切って3号車アウディと7号車トヨタが表彰台をかけた激しいバトルを展開。このままゴールまで続くのかと思われたが、いきなり雨が降り始め路面はあっという間にウエットに。ここで足元をすくわれクラッシュしたのが7号車を駆るニコラ・ラピエールだった。その後も雨脚は強まる一方でコース各所でコースオフする車両が多発。なんと11回目のセーフティカーが出動する事態となった。7号車はなんとか自力でピットに戻りチーム総出で修復作業を開始。約30分でマシンを直し、3位争いの権利は失ったが5位まで追い上げてきていた1号車アウディの前でコースに復帰した。

10分ほど前までは土砂降りだったコースも、あっという間に太陽が再び顔を出し、路面も徐々に乾いていく。コースコンディションも落ち着いた残り30分でレースが再開。そこで優勝を諦めていない2位の8号車トヨタがトップと同一周回になるが、順位を入れ替えるには時間が足りずタイムアップ。終盤には今年のル・マンを象徴するかのように、またしても雨が降り出すという、まさに天気に翻弄された24時間。その中で一番安定してトラブルもなく走行を続けた2号車のトム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ組がトップチェッカーを受け、総合優勝を果たした。昨年は2台とも早々にリタイアを喫したトヨタ勢だったが、今年は大きなトラブルもなく、2台とも完走。セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/ステファン・サラザン組の8号車が2位表彰台を獲得。3位にはマルク・ジェネ/ルーカス・ディグラッシ/オリバー・ジャービス組の3号車が入った。総合3連覇を狙ったアンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ/マルセル・ファスラー組の1号車アウディは途中のトラブルが大きく響き5位に終わった。

アンカーを務めたクリステンセンは、史上最多ル・マン優勝記録を更新し通算9度目。また序盤の6スティント連続走行や、ナイトセッションでの快走など、総合優勝に大きく貢献したロイック・デュバルは、初のル・マン制覇となった。

日本人勢では、中嶋一貴の乗った7号車トヨタは表彰台に一歩届かず4位。小林可夢偉の71号車Afコルセ(フェラーリ)は総合26位/LMGTE-Proクラス5位で無事完走を果たした。LMP2クラスに参戦した中野信治の25号車デルタ-ADRと井原慶子の28号車ガルフレーシングMEは途中リタイアに終わった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る