【F1】マーク・ウェバーが2013年限りで引退を表明!来季はポルシェからWECに参戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli レッドブル・レーシングは27日、長年チームのドライバーとして活躍してきたマーク・ウェバーが、今季限りでF1引退を表明したことを発表した。

 この発表はイギリスGP開幕直前のシルバーストンで明らかになったもので、来季はWEC(世界耐久選手権)やル・マン24時間レースのLMP1クラスに参戦予定のポルシェ・ワークスマシンに乗り込んでレースをするとのこと。

 2002年にミナルディチームからデビューしたオーストラリア出身のウェバー。デビュー戦となった母国オーストラリアGPでいきなり5位入賞を果たすなど、いきなり注目を集めた。その後、中堅チームでも上位争いに加わる活躍を見せ、2005年に名門ウィリアムズに移籍。しかし、トップチームで思うような結果を残すことが出来ず、2007年にレッドブルへ。2009年ドイツGPではデビュー132戦目にして初ポールポジション、初優勝を経験。同チームでこれまで9勝11PPを獲得し、3度のコンストラクターズチャンピオンに大きく貢献してきた。

 引退を表明したウェバーは「今季限りでF1でのキャリアを終えて、新しいチャレンジを迎えられることに、すごくワクワクしている。ポルシェは長い歴史の中で技術面でもレースパフォーマンスでも非常に優れているメーカー。彼らと一緒に組んでレースが出来ることが楽しみだ。」とコメント。またレッドブル・レーシングのチーム代表であるクリスチャン・ホーナー氏は彼の決定に従う意向、「彼は2007年にチームに活躍してから、ここまで本当に素晴らしい仕事をチームのためにしてくれた。マークが選んだ次のステージでの成功を願うよ。」とコメントを発表した。なお、来季のシートについてはベッテルはすでに契約更新済み。ウェバーの後任についてはまだチーム側から発表がない。

 現在77ポイントでランキング4位のウェバー。首位ベッテルとの差が開いてしまっているので逆転は難しいかもしれないが、F1での最終シーズンとなる今年は、是非悔いのない走りで終えられることを願いたい。そして、10月に行われるF1日本グランプリでは、鈴鹿ラストランとなるウェバー。こちらもファンの方にとっては絶対に見逃せない1戦になりそうだ。

Photo:©Pirelli
『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る