【JSB1000】第4戦筑波(予選):中須賀が今季初PP!秋吉は激しく転倒し骨折。8耐参戦は絶望か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 2013年の全日本ロードレース選手権第4戦筑波ラウンドが開幕。29日(土)には各クラスの公式予選が行われ、最高峰のJSB1000クラスでは2012年チャンピオンの中須賀克行(ヤマハYSPレーシングチーム)が今季初のポールポジションを勝ち取った。

 今回も2ラウンド・ノックアウト方式で行われた予選。エントリーした28台中26台が出走したQ1だが、ここでまさかの事態が発生。今季2勝を挙げランキング首位を独創している秋吉耕佑(F.C.C. TSR Honda)が1コーナーで激しく転倒。事故直後は意識がなく、すぐに救急車で病院に搬送。そこで意識は取り戻したが、脳挫傷と左大腿骨骨折の重症と診断。明日の決勝は欠場することが決まった。今シーズン始めから7月末の鈴鹿8耐に照準を絞っており、自身も3連覇がかかる1戦だった。だが今回の怪我により優勝はおろか、参戦も絶望的な状況になってしまった。

 秋吉不在の中で始まった上位9人で争われたQ2。その中で速さをみせたのが中須賀。ライバルたちを振り切る55秒772を記録しポールポジションを確定させた。2位には津田拓也(ヨシムラスズキレーシングチーム)、3位には渡辺一樹(TEAM GREEN)が続いた。

 秋吉の欠場により、各ライダーにもチャンピオン争いに加わるチャンスが巡ってきた今回の第4戦。明日の決勝レースを制するのは誰になるのか?注目が集まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る