【SF】2013第3戦富士:ランクルがジャンプ!トークショー、サイン会などイベント盛りだくさん

©KANSENZYUKU

0.001秒を争う大熱戦が繰り広げられたスーパーフォーミュラ第3戦。舞台となる富士スピードウェイでは、今回も様々なイベントが行われ、来場したファンも楽しいひと時を過ごした。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

まずはお昼休みの時間を利用した恒例のピットウォーク。5月のSUPER GTと比べると決して大盛況というわけではないが、その分ゆっくりガレージのマシンを撮影したり、何人ものドライバーにサインをもらえたりと、非常にゆったりとした時間が流れていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

予選に向けて準備もしたいドライバーたちもピットレーンに出てきてファンサービス。やはり一番人気は中嶋一貴、アンドレ・ロッテラーの中嶋一貴PETRONAS TEAM TOM’S。ここだけは郡を抜いて長蛇の列ができていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

こちらは先月のル・マン24時間で総合優勝を果たしたロイック・デュバル。ファンからも祝福のメッセージを貰うなど、終始笑顔で交流。途中、トヨタモータースポーツのキャラクターであるくま吉が乱入し、サイン会のお手伝い(?)をするシーンもみられた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

またグランドスタンド裏では、ダカール・ラリーに参戦したランドクルーザーが登場。三橋淳選手の迫力ある悪路での走行を同僚体験できるイベントが行われ、注目を集めていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

オフィシャルステージではスーパーフォーミュラでも人気の高いレースクイーンによるPRステージやドライバートークショー。さらにサイン会なども行われ、多くのドライバーが出席。さらにTEAM IMPULの星野一義監督も参加。満面の笑みで訪れたファンと交流していた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今回は、F3、86/BRZレース、GTアジア、スーパーカートなど様々なレースが同時開催されるハードスケジュール。お子様ファンが楽しみにしていたキッズピットウォークは17時45分と少し遅い時間からのスタートとなった。それでも、子どもたちは積極的に参加し、各チームのドライバーのもとへ走ってサインを貰いに行く姿もみられた。

こうして、レースでは一歩の譲らぬ緊迫した熱戦が繰り広げられながらも、イベントでは和やかな雰囲気になり、とにかく人が多くて賑わっているSUPER GTとはまた異なる1日となった。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る