【SGT】2013第4戦SUGO:決勝朝のフリー走行はHSV-010が上位独占!8号車がトップ

©KANSENZYUKU

決勝日を迎えたSUPER GT第4戦SUGO。昨晩は落雷を伴う激しい雨に見舞われたスポーツランドSUGOは、一時太陽が顔を出すなど天気は回復傾向にある。しかし、路面上は昨日の雨が残ったままでウエット宣言が出された中で午前9時00分から30分間のセッションがスタート。

各車一斉にコースインし、決勝に向けて様々なデータを収集しようと周回を重ねた。しかし、途中でアクシデントやコースオフなどで2度の赤旗中断になるなど各チームにとってやや不完全燃焼に終わる予選となった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT500クラスは、昨日から好調のウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が1分17秒358でトップタイムをマーク。このままチェッカーになるかと思われたが、終盤になり路面が少しずつ乾き始めるとRAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/小暮卓史)、KEIHIN HSV-010(塚越広大/金石年弘)が次々と好タイムをマーク。最後はARTA HSV-010(ラルフ・ファーマン/松浦孝亮)が1分17秒153を出してセッションは終了となった。2位100号車レイブリック、3位17号車ケーヒン、4位にウイダーという順位。終わってみればホンダHSV-010がトップ4を独占してみせた。一方、ポールポジションスタートのREITO MOLA GT-R(本山哲/関口雄飛)は1分18秒715で15位と勢いがなかったが、彼らはドライになった時に力を発揮するだけに、今後天気が完全に回復すれば本来の力が取り戻ってくるだろう。

GT300クラスはDIJON Racing IS GT-R(高森博士/千代勝正)がトップを1分22秒376でトップタイム。こちらは上位が混戦となっており、決勝も予想がつかない展開が待ち受けていそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る