【INDY】2013第14戦ミッドオハイオ:キンボール初V!琢磨はトラブルに苦しめられ22位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

2013年のIZODインディカー・シリーズは3週間ぶりにレースが開催され、第14戦ミッドオハイオが現知時間の4日オハイオ州のミッドオハイオ・スポーツカーコースで行われ、同シリーズ参戦3年目のチャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ・レーシング)が初優勝を飾った。

5番グリッドからスタートしたキンボールは、3周目に4位に上がるとトップ集団に食らいつき、逆転のチャンスを伺う。彼の前を走るライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)らは燃費を気にしながら周回を重ねたが、キンボールはレースペースも良く積極的に攻めていき、31周目でトップに浮上する

いつもは必ずといっていいほどフルコースコーションになるインディだが、今回は珍しくチェッカーまでの90周全てがグリーン状態のままでレースが進行。ピットストップの関係で一度トップの座を譲るが、73周目に再びラップリーダーに戻ると、そのままラストスパート。初のトップチェッカーを受けた。2位にはシモン・パジェノー(シュミット・ハミルトン・モータースポーツ)、3位にはダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)が入り、ホンダ勢が表彰台を独占した。

日本期待の佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)は、プラクティスからトラブル続きで16番手と後方からのスタート。レース中もピットストップのたびにウイングのセッティング変更を強いられるなど厳しいレースとなり、22位でミッドオハイオ戦を終えた。

©INDY CAR

佐藤琢磨コメント(Honda公式サイトより
「グリップ感がなく、マシンのバランスもとても悪かったため、とても厳しいレースになっていました。路面コンディションが変化していく中、部分的に自分たちが速さを発揮できるところがあり、バランスが向上したときもありました。しかし、周りと比べると相対的にスピードが伸びていかず、終始非常に苦しいバトルを戦い続けていました。ピットストップではウイングやタイヤの内圧といったセッティングの変更を重ねましたが、期待した通りにスピードが伸びることはありませんでした。苦しい戦いでも学べたことはありました。しっかりとデータも残っています。次もロードコースサーキットでのレースなので、じっくりとデータを見直して、2回のテストを行い、今の状況を克服したいと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る