2013ポッカサッポロ1000km<決勝速報3>:GT300はBRZが独走。初音ミクBMWが2位へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

ポッカサッポロ1000km。GT300クラスはスタートからSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太/井口卓人)の独走が続いている。スタートドライバーの佐々木は毎ラップ1秒以上の差をつけ、40秒近いリードを築いて28周目にピットイン。第3ドライバーの井口卓人がステアリングを握り、現在48周を消化して1分以上の大差をつけている。

©KANSENZYUKU

一方の2位争いはS Road NDDP GT-R(星野一樹/佐々木大樹)、Exe Aston Martin(加納政樹/安岡秀徒/坂口良平)との接近戦が続いていたが、後方17番手からスタートしたGSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也/ヨルグ・ミューラー)が得意のピット作業時間を減らす戦略と、序盤の片岡、2スティント目のミューラーの頑張りもあり、気が付くと2位に浮上。48周を終えたところでエースの谷口信輝にドライバー交代し、1分先を快走するBRZを追いかけている。

©KANSENZYUKU

午後になり、路面温度が上昇している鈴鹿サーキット。14時15分現在で路面温度は50℃に達し、この暑さが影響してタイヤバーストをするマシンが続出。現在GT500でランキング首位のRAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/小暮卓史)も後退。さらにGT300クラスではARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)もコース上でストップするなど、トラブルが起き始めている。

何事もなく順調に走っていても、何か予期せぬ事態が発生し、一気に順位後退につながってしまう1000kmレース。この“1000kmの魔物”に打ち勝ち、レース終盤に生き残っているのは、果たしてどのチームになるのか?この後も目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る