【SGT】2013ポッカサッポロ1000km:23号車との死闘を制しウイダーモデューロHSVが初V!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

終盤まで白熱するデッドヒートが続いたGT500クラスの決勝レース。最終的にトップを守り切ったウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)がそのままトップでチェッカーを受け、念願の今季初優勝を飾った。

ここまでレース展開はこちら

最後のピットストップでMOTUL NISMO GT-R(ロニー・クインタレッリ)に追い詰められた山本だったが、トップでコースに復帰すると、最後まで安定した走りを披露。最終的には14秒もの大差をつけてチェッカーを受けた。山本にとっては2010年のデビュー以来初優勝、マコヴィッキィにとってもGT500参戦初年度で初優勝を飾った。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ウイニングランを終えてパルクフェルメに帰ってきた山本を出向かたのはパートナーのフレデリック・マコヴィッキィと天津チーム監督。マシンを降りヘルメットをとった山本の目には涙が溢れていた。

「これまで勝てそうで勝てないレースが何度も続いて、ラスト10周は今までの悪かったレースが頭をよぎってきました。でも最後までプッシュすることだけに集中して走りました。チェッカーを受けた瞬間、真っ先にピットウォークで待つフレッド(マコヴィッキィ)とチームスタッフの笑顔が見えて、そこから涙が止まりませんでした。」と語る表情には笑顔に満ち溢れていた。

そのチェッカーをピットで待っていたマコヴィッキィも「トップに立ってからは、その位置を守ることだけに集中していた。だけど、ラスト10周はピットで見ていて緊張したね。最終コーナーを立ち上がってくる尚貴の姿が見えた時はなんとも言えないくらい嬉しい気持ちだった。このチームの一員として優勝できたことを誇りに思う。」と、こちらも満面の笑みで振り返った。

©KANSENZYUKU

2位にはMOTUL NISMO GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)。3位には終盤に追い上げたPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)がそれぞれ表彰台に登った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る