【WEC】2013第4戦サンパウロ<決勝速報>:8号車トヨタ、可夢偉組AFコルセが相次いてリタイア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI Media
©DPPI Media

日本時間の1日深夜0時にスタートが切られた2013世界耐久選手権の第4戦サンパウロ6時間レースは序盤から波乱の展開となっている。

予選日同様に晴天に恵まれたインテルラゴス・サーキット。今回もアウディ勢がフロントローを独占し6時間の耐久レースが始まった。すると直後の1コーナーでアラン・マクニッシュが駆る2号車アウディR18e-トロン クワトロがトップを奪い、現在ランキング首位の2号車がレースの主導権を握る。

一方、LMGTE-Proクラスに参戦する小林可夢偉/トニ・バイランダー組のAFコルセ71号車は可夢偉がスタートを担当。いきなり92号車ポルシェがタイヤパンクに見舞われ緊急ピットイン。これでクラス表彰台圏内となる3位を手に入れる。しかし、開幕戦から好調のアストンマーティン勢を抑えることが出来ず、一時は4位に後退した。

1周4.3kmと短いコースのため、スタート直後から異なるクラスのマシンが混走状態に突入。おそれていたクラス間同士での接触が起こってしまう。26周目のターン3でLMP2クラスの32号車ロータスを8号車トヨタTS030(ステファン・サラザン)がアウト側から抜こうとした際に接触。そのまま2台はコントロールを失い、外側のタイヤバリアに激しくクラッシュした。幸い2人は無事だったが、これにより8号車は右フロントサスペンションが折れてしまうなどのダメージを受けリタイアを余儀なくされてしまう。

このクラッシュでのマシン回収と、衝撃によりガードレール等が壊れてしまった部分の修復のため、約50分間にわたってセーフティカーが先導することとなってしまった。

その間に各クラスはピット作業を行い、上位陣は1回目のドライバー交代を完了。52周を消化して1号車アウディ(アンドレ・ロッテラー)がトップに立ち、それを2号車アウディ(トム・クリステンセン)が追いかける展開。今回も、この2台による一騎打ちの展開となっていきそうだ。

一方、GTE−Proクラスはトップ5台が5秒以内にひしめく大接戦となっていたが、総合トップが56周目に入ったところで71号車AFコルセのエンジンルームから炎が上がり、マシンは炎上。幸いステアリングを握っていたバイランダーはすぐにマシンを止めて脱出。怪我はなかったが、可夢偉組にとっては今季初のリタイアとなってしまった。これにより2回目のセーフティカーが導入され、波乱続きの展開となっている。

もう一人の日本人ドライバー、井原慶子が乗り込む45号車OAKレーシングはLMP2クラス6位(総合9位)を走行中。現在、井原がステリングを握っている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る