【F1】2013第12戦イタリアGP:ベッテルが5戦ぶりのポールポジション!レッドブルがワン・ツー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

2013年のF1世界選手権はヨーロッパラウンド最後のレースとなる第12戦イタリアGPを迎え、7日(土)に公式予選が行われた。

モンツァサーキットには今年も熱狂的なフェラーリファン“ティフォシ”が詰め掛け、地元の名門フェラーリのポールポジションを期待した。ところがいざQ1が始まってみると、今回は完全アウェイとなるセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が圧倒的な速さをみせ、Q1をトップ通過。続くQ2でも1分23秒947を叩き出しライバルを圧倒する。その一方で、波乱も起きた。4戦連続でポールポジションを獲得していたルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が最後までタイムが伸びず12位で敗退。ここ数戦は好調なキミ・ライコネン、ロメイン・グロージャンのロータス勢もQ2で姿を消した。上位陣が次々とノックアウトされる中、来季レッドブルへの移籍が決まったダニエル・リチャルドとチームメイトのジャン・エリック・ベルニュのトロ・ロッソ勢が揃ってQ3へ進出した。

そして最終のQ3でもベッテルの勢いは止まらず1回目のアタックで1分23秒859を叩き出しトップに立つと、最後はダメ押しで1分23秒755までタイムを詰めてチェッカー。今季4度目、通算40回目のポールポジションを獲得した。2位には同僚のマーク・ウェバー、3位には不振が続いていたニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)が食い込んだ。

一方、フェラーリはフェリペ・マッサ、フェルナンド・アロンソの順でタイムアタック。スリップストリームを使ってアロンソのストレートスピードを少しでも伸ばし、タイム向上を狙った。それでも、今回のベッテルには手も足も出ず、マッサが4位、アロンソ5位に終わった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る