【F1】フェラーリが2014年ラインナップを発表、ライコネンの復帰が決定!

©Pirelli
©Pirelli

2013シーズンも終盤戦にさしかかる中、ストーブリーグも活発になり始めてきた。スクーデリア・フェラーリは11日、2014年のドライバーズラインナップを発表し、兼ねてから噂が合った通り、フェルナンド・アロンソに加えキミ・ライコネンがロータスから移籍。元チャンピオンコンビが実現することとなった。

ライコネンは長きにわたってフェラーリのエースを務めてきたミハエル・シューマッハの後継として2007年に加入。その年、6勝を挙げて初のチャンピオンに輝いた。その後2009年まで在籍したが、アロンソの加入に伴い、F1での活動を休止。WRC(世界ラリー選手権)での参戦を経て、2012年にロータスかF1への挑戦を再開していた。

今回の移籍についてライコネンはフェラーリ公式サイトで「またマラネロ(フェラーリ本拠地)に戻ってこられて嬉しい。初のチャンピオンなど素晴らしい経験をさせてもらえた。特に2007年のワールドチャンピオン獲得のことは今でも忘れられない良い思い出だ。その時に苦楽を共にした仲間たちと再開できるのが今から楽しみだ。」とコメントしている。

©KANSENZYUKU

今となっては、すっかりロータスでのライコネンが馴染んでしまっているが“フェラーリのライコネン”が来年は久しぶりに見られることになる。

一方、2006年から8年間在籍してきたフェリペ・マッサはチームを去ることが同時に決定。「チームとともに素晴らしい時間を過ごせたし、何度も勝利の喜びを共有することが出来た。本当に感謝している。また長い間、自分のことを支えてくれた妻や家族にも感謝の意を表したい。2014年については、何度も優勝争いに加わりチャンピオンも狙えるようなチームで戦いたいと考えている」とフェラーリ公式サイトでコメント。現在も他チームとの交渉が進められているようだ。

まだ今シーズンも7戦残っているが、来年はチャンピオンコンビが結成される名門フェラーリから目が離せない。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る