【F1】2013第15戦日本GP:木曜プレスカンファレンス

©KANSENZYUKU

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
「鈴鹿は世界の中でもベストなサーキットの一つだと思う。特にセクター1はハイスピードコーナーがいくつもあって素晴らしい。限界まで攻めるのは、ものすごくチャレンジングなんだよ。その他にもスプーンとか難しいコーナーが多数あるから面白いよ。あと、レース全体の雰囲気も気に入っている、今年も熱狂的な日本のファンに出迎えられて嬉しいよ。彼らは全員のドライバーをリスペクトしていて、みんなを平等に応援してくれる。その雰囲気が大好きだよ。」

ジェンソン・バトン(マクラーレン)
「まずは、また鈴鹿に帰ってこられて嬉しい。このコースは本当に大好き。ただ追い抜きをするにはトリッキーなコースだから、DRSゾーンが一つの助けになってくれると思う。週末は常に全開領域でのスピードが求められるレースになると思う。良い週末に出来るようベストを尽くしたい。」

シャルル・ピック(ケータハム)
「昨年初めて鈴鹿を走ったけど、簡単ではないサーキットだということを学んだ。特にセクター1はハイスピードのコーナーが連続している。でも、僕も大好きなサーキットの一つだね。スパのようにマシンのパフォーマンスを細部まで引き出さないと行けない。とても大好きなコースだよ。」

パストール・マルドナード(ウィリアムズ)
「僕にとっては3度目の鈴鹿。とても素晴らしいコースだよ。皆の意見と同じでシーズン中で一番好きなサーキットの一つだ。特にファンのコミュニティが本当に大きくて、きっと特別な週末になると思う。ベストを尽くしてポイントを取りたい。」

ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)
「僕も大好きだよ。多分全てのドライバーが、このサーキットを愛していると思う。なんといっても、この雰囲気が素晴らしい。スパと同じく、鈴鹿のこれまでの歴史を感じることが出来る。走っていて気持ちいいサーキットだよ。」

ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)
「昨年はここで良いレースができたと思う。コースの感想については、みんなと同じ意見、以下同文という感じだね(笑)今週もわずかなアップデートパーツを投入しているけど、ブダペストで変えた部分をレースする度に理解を深めてくることが出来た。その積み重ねが韓国GPで結果として出てきたのだと思う。他のライバルたちが脱落した部分もあったけど、あの結果は自分も嬉しいし誇りに思えるレース内容だった。今週も同じようにベストを尽くすよ。」

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る