【SGT】2013最終戦もてぎ:GT300はSUBARU BRZ R&D SPORTが今季5度目のPP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 SUPER GTの第8戦もてぎ。GT300クラス公式予選はSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)が今季5度目のポールポジションを獲得した。

 まずQ1では、ランキング首位のMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)が躍進。今まで彼らを苦しめてきたハンディウエイトがなくなり、再び速さを取り戻した16号車の中山が1分48秒636を記録。コースレコードでトップ通過を果たし、GAINER DICXEL SLS(ビヨン・ビルドハイム)が2位、61号車BRZが3位に続いた。

 続くQ2でも同じ流れになるかと思われたが、今年は何度もポールを獲得し波に乗れている佐々木孝太が渾身のアタックを披露。1分48秒264を記録しライバルを圧倒する。これに16号車の武藤も肉薄。途中まではベストタイムで来るものの、最終セクターでタイムをロスし3番手タイムでチェッカー。スバルBRZが今季5度目のポールポジションを獲得した。

 2位にはGAINER DICXEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)、3位にはMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)とチャンピオン争いをする上位陣が顔を揃えた。しかし、ここ2戦連続で優勝を飾っているGSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也)はQ2でタイムが伸びず7位。明日逆転チャンピオンを狙うためには自分たちが優勝し、16号車が3位以下になることが条件だが、厳しい予選順位となってしまった。

 明日の決勝レース。GT500同様にGT300クラスも目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る