【SF】2013最終戦鈴鹿:ついにチャンピオン逆王手!山本尚貴がスーパーフォーミュラ初優勝!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2013年の全日本選手権スーパーフォーミュラ決勝。午前にはレース1が行われ、ポールポジションからスタートした山本尚貴(TEAM無限)がポール・トゥ・ウィン。悲願の国内トップフォーミュラ初優勝を飾った。舞台となる鈴鹿サーキットは朝から雨模様。スタート前の8分間ウォームアップから各車がレインタイヤを装着してコースイン。グリッド上で一時雨は止んだものの、スタート直前になって再び雨が降り始めた。

 ポールポジションの山本は、フォーメーションスタート時に上手くスタートできなかったものの、問題なく隊列に復帰。肝心のスタートも見事に決めてトップを死守している。一方、後方では中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)、国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、アンドレア・カルダレッリ(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)、塚越広大(HP REAL RACING)の4台が絡むアクシデントが発生。ウエットレースならではの波乱が始まっていく。スタートをきっちり決めた山本だったが、1周目のシケインで濡れた路面に足元をすくわれオーバーラン。2位に上がっていた小暮卓史(NAKAJIMA RACING)に交わされてしまう。逆転タイトルのためには最低でも2位以内が絶対条件なだけに、これ以上の順位ダウンはゆるされなかったのだが、直後の2周目に小暮がトラブルでスローダウン。これで再びトップを取り返した。

 その後は、全くミスのない完璧な走りを披露。2位の中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)を一気に引き離す快走をみせ、そのままチェッカー。国内トップフォーミュラで悲願の初優勝を飾った。2位には初表彰台となる大祐、3位にはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Lenovo TEAM IMPUL)が入った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 パルクフェルメに帰ってきた山本は、昨日の予選同様に小さくガッツポーズをするだけ。彼の照準は優勝ではなくチャンピオンをとること。レース後の記者会見でも「1周目のシケインでは思った以上に止まれなくて、スピンを回避する形でオーバーランした。こういう大事なレースでミスをするなんてまだまだですね。」と冷静な表情をみせた。

これで午後のRace2では2位以内で逆転タイトルが決まる事になる。午後にはWEC中国ラウンドを終えたアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)も来場予定。果たして最後に笑うのはどちらなのか?注目が集まるレースにありそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る