【WEC】2014年カレンダーが発表。ル・マン24Hは6月14・15日、富士ラウンドは10月12日が決勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

 FIA(国際自動車連盟)とACO(西部自動車クラブ)は、来シーズンのWEC(世界耐久選手権)のレースカレンダーを発表。変わらず全8戦で開催されることが決まった。

 開幕戦は来季もイギリス・シルバーストン。シリーズ最大のレースとして毎年注目を集めているル・マン24時間耐久レースは6月14・15日に決勝が開催される。また日本ラウンド(富士スピードウェイ)は第6戦として10月12日に開催。その前週がF1日本グランプリとなっているだけに、観戦を予定しているファンとしては忙しいスケジュールになりそうだ。

 なおレース距離は、ル・マン(24時間耐久)を除き全て6時間耐久で争われる予定。来年はLMP1クラスにポルシェがワークス参戦を果たし、今季限りでF1を引退したマーク・ウェバーも乗り込むことが決まっているなど話題が多いWEC。より一層目が離せないシーズンになりそうだ。

<WEC 2014年レースカレンダー>
第1戦:シルバーストン(4月20日)
第2戦:スパ・フランコルシャン(5月3日)
第3戦:ル・マン24時間(6月14・15日)
第4戦:サンパウロ(8月31日)
第5戦:アメリカ・オースティン(9月20日)
第6戦:富士(10月12日)
第7戦:上海(11月2日)
第8戦:バーレーン(11月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る