【SGT】スバルが2014年の参戦体制を発表。山野哲也の後任に井口卓人の起用が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 10日(金)に開幕した東京オートサロン2014の会場で、今年もスバルが2014年のSUPER GT参戦体制を発表した。

 今年もSUBARU BRZ R&D SPORTとして、さらに改良を加えたBRZで参戦。昨年は開幕戦からポールポジションを量産し、8戦中5PPと大活躍。第5戦の鈴鹿1000kmでは悲願の初優勝を飾った。しかし、チャンピオン争いでは一歩及ばずランキング4位。今年は勝つことだけではなくシリーズチャンピオン獲得を目標に掲げている。

 注目のドライバーは、昨年いっぱいで勇退した山野哲也に代わり、鈴鹿でも第3ドライバーとして活躍した井口卓人の加入が決定。佐々木孝太と共に新しい体制で挑む。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 佐々木は「今年もSGTとニュル24時間にスバルの車両で挑戦できることに感謝しております。どちらのレースもドライバーとして勝つことを求められていると思うので、しっかりこのマシンたちを勝利に導けるよう頑張りたいです」とコメント。

 念願のSUPER GTレギュラー参戦を1年ぶりに勝ち取った井口は「改めてスバルの一員になれて非常に嬉しく思っております。昨年の鈴鹿でもお話させていただきましたが、なぜ僕がスバルのチームの一員になって、この場に立っているのかを考えて一年間臨んでいきたいと思います。佐々木選手と力を合わせてチャンピオンをとりたいです」と、引き締まった表情で意気込みを語っていた。

 4年ぶりに新コンビとして挑むスバル陣営。それでも、昨年は予選で何度も素晴らしいタイムアタックを披露し、ポールポジションを獲得した佐々木と、真夏の鈴鹿で初めて乗るマシンでも安定した走りをみせた井口と、期待できる要素はたくさんある。今シーズン、彼らがどんな走りを見せてくれるのか?今から開幕戦が楽しみだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る