【TAS2014】東京オートサロン2014。3日間で過去最高となる29万人が動員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 大盛況のまま12日(日)に閉幕した東京オートサロン2014 with NAPAC。3日間での動員数は過去最高となる29万6,714人となった。

 今年も北ホールやイベントホールなど全館を使用。展示ブース数も増え計840台のカスタムカーが登場。屋外エリアでは今年もD1のドリフトデモやスーパーフォーミュラ、ラリーカーによるデモ走行なども行われ、1日ではとても回りきれないほどイベント盛りだくさんの内容だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 近年は“若者のクルマ離れが深刻化している”とメディアでも騒がれているが、このオートサロンに関しては年々、展示規模も来場者も増えている。これに関しては各自動車メーカーも注目しており、今年は国内各自動車メーカーに加えメルセデス・ベンツが初出展。彼らが誇るAMGブランドのカスタムカーを展示した。またトヨタは北ホールに大きくブースを構え、86/BRZ関連のブースと連動するなど、多くのクルマ好きの注目を集めていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 日産、ホンダ、レクサスブースには今季登場予定の新型GT500(SUPER GT)車両も展示され、一般公開でも熱心に写真を撮るファンの姿があった他、その他のブースでも今年は本当に多くのレーシングカーが展示され、来場者の注目を集めていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 本来はカスタムカーの展示を目的としたイベントだが、レーシングカーが多数展示されたり、デモ走行が行われることによって、SUPER GTやスーパーフォーミュラといった国内モータースポーツへの興味関心も少しずつ高まってきているとともに、そのきっかけとなる3日間のイベントとなった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 これをきっかけに、また多くの人が今シーズンもサーキットに足を運んでくれることを願いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  3. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…

最近の記事

  1. F1日本グランプリの応援スタイルと言えば「コスプレ」と言っても過言ではないくらい、応援スタイ…
  2. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦がツインリンクもてぎで行われ、ピエール・…
  3. ©︎Red Bull モータースポーツと学生をつなぐイベントの一環として、関西の各大学が中…
  4. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  5. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る