【F1】ピレリのF1タイヤ供給、2016年まで延長が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ピレリは16日、F1世界選手権での公式タイヤサプライヤーとしての契約を更新。2016年までワンメイクでのタイヤ供給を行うことが決まったことをプレスリリースで発表した。

 F1のタイヤ供給に関しては2007年から日本のブリヂストンがワンメイクでタイヤ供給。ルール上では2008年から完全ワンメイク制となった。ブリヂストン撤退後の2011年からピレリが供給を開始。ブリヂストンとは異なり、レース展開に変化を起こすために、タイヤが長持ちしないようなコンパウンド設定をするなどしていたが、これが逆にチームから批判を受けるなど、今もタイヤの特性については折り合いがついていない部分が少なからずある。

 一時は2013年限りで撤退かという噂もあったが、FIAやFOMとの交渉の結果、2014年から新たに3年間の契約更新を行うことで、このタイミングではあるが話がまとまった。なお、今シーズンの細かなタイヤスペック等に関しては後日発表になる模様だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る