【F1】ケータハムが2014年体制を発表、小林可夢偉のF1復帰が正式に決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ついに待ちに待ったニュースが飛び込んできた。ケータハムは21日、2014年のドライバー体制を発表。当初の噂通り、小林可夢偉とマーカス・エリクソンの2人を起用することが正式に決まった。これで、1年ぶりに日本人ドライバーがF1のグリッドに帰ってくることになる。

 2013年はザウバーチームを離れF1のレギュラーシートを失ったものの、スクーデリア・フェラーリと契約しWEC(世界耐久選手権)に参戦。これまで経験のなかったGTカーや他のドライバーとコンビを組んでのレースをするなど“新しい引き出し”を増やすシーズンに充てた。その裏で地道に各チームと交渉を重ね、念願のレギュラーシートを獲得。ザウバーとの契約が終了する2012年末にファンからシート獲得のための募金を募り、「いただいた募金は全て2014年のシート獲得のために使います。もしそれが叶わなかったら、全額お返しします」と語っていた。そのファンからの支援も大きな後ろ盾となったことは間違いない。

 可夢偉はリリースで「本当に嬉しい。まずは自分をレースドライバーとして迎えてくれたケータハムF1チームに感謝する。初めてファクトリーを訪れたのはクリスマス前だったが、チーム全体が意欲に溢れているのを感じた。確実に今年は前進すると思う。昨年はタフなシーズンだったが、今年はルールも大幅に変わり、全チームが同じスタートラインに立つ。つまり、全員が上位を目指すチャンスがあるということだ。早くコースに戻って仕事がしたい気持ちだ。」とコメント。

 さらにファンから募った募金“KAMUI SUPPORT”についても触れており、「この発表の場をお借りして、KAMUI SUPPORTで協力してくれ、支援してくれたファンに心からありがとうと言いたい。今シーズン、各レースで見るスタートシグナルは、ファンの皆さんの助けがあってこそ見られるものだということを噛み締めながら、走りたい。」と語った。

 またチームメイトには2009年の全日本F3王者であるマーカス・エリクソンになることも決定。スウェーデン出身の23歳で、全日本F3のタイトル獲得以降はGP2に活躍の場を移し、F1参戦の機会を伺っていた。

 これで今年のF1エントリーリスト22枠は全て決定。可夢偉とエリクソンのカーナンバーは後日発表される模様。なお2人とも28日から開催されるヘレス合同テストに参加する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る