【F1】2014ヘレステスト1日目:フェラーリのライコネンがトップ!初日から各チームトラブル続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Ferrari
©Ferrari

 2014年のF1開幕を1ヶ月半後に控えた28日、スペインのヘレスサーキットで今季初のF1合同テストが始まった。この日はレッドブル、メルセデスなどの新車発表もあるなど、朝から多くの報道陣、関係者が集まり注目を集めていた。

 今年からエンジン部分が、1.6リッターV6+回生エネルギーシステムのパワーユニットに変更。ここ数日の報道でも騒がせている新型フロントノーズの導入など、今年は全く新しい仕様のマシンになっているチームがほとんど。それだけにトラブルが続出するチームがほとんどだった。

 そんな中で2014年のテスト初日をトップで終えたのが、フェラーリに復帰したキミ・ライコネン。今年から自由選択となって選んだカーナンバー7をつけたF14 Tでコースイン。31周を走破し1分27秒104を記録した。2位にはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがつけるも、午前中にフロントウイングが脱落し、そのまま1コーナーのタイヤバリアに激突。幸い本人に大きな怪我はなかったが、マシンは大きなダメージを負い、早々と初日の走行を終えた。3位にはウイリアムズのバルテリ・ボッタスが入っている。

 またテストセッション前に新車RB10を発表したレッドブル・レーシングは、王者セバスチャン・ベッテルが初日のテストを担当するも、ほぼシステムチェックの走行のみでタイム計測はしていない。午後になってようやく登場したケータハムはマーカス・エリクソンがドライブ。こちらもトラブルなどがあり1周のみの走行で初日を終えている。

【ヘレステスト1日目(結果)】
1位ライコネン(フェラーリ)1分27秒104
2位ハミルトン(メルセデス)1分27秒820
3位ボッタス(ウイリアムズ)1分30秒082
4位ペレス(Fインディア)1分33秒161
5位ベルニュ(トロ・ロッソ)1分36秒530
6位グティエレス(ザウバー)1分42秒257
7位ベッテル(レッドブル)計測せず
8位エリクソン(ケータハム)計測せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る