【SGT】レクサスが2014年SGT参戦体制を発表。サードにはオリバー・ジャービスが新加入

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トヨタは30日、東京お台場にあるMEGAWEBで2014年のモータースポーツ活動に関する体制発表会を行った。

 これまでは、プレスリリースによる発表のみという形がとられてきたが、今年は多くの報道陣を招いて大々的な発表会が行われ、会場には豊田章男社長をはじめ、WEC、ダカールラリーをはじめ、国内のSUPER GTやスーパーフォーミュラのドライバーが登場した。

 レクサス・レーシングとして参戦するSUPER GTは、今年も5チーム6台の体制。昨年見事にチャンピオンを勝ち取ったセルモはカーナンバー1をつけて、新しく登場するRC-Fで戦う。ドライバーは今年も立川祐路と平手晃平のコンビだ。昨年後半に急激に勢いをつけた6号車ルマンも大嶋和也と国本雄資のコンビで変わらず。昨シーズン2勝を挙げた36号車トムスも中嶋一貴とジェームス・ロシターと継続。もう1台のトムス(37号車)には伊藤大輔とアンドレア・カルダレッリと、こちらも継続だ。

 脇阪寿一の離脱で空席となった39号車サード。石浦宏明のパートナーとして、新たにレクサスに加わるのは、昨年のWEC(世界耐久選手権)において名門アウディチームで活躍したオリバー・ジャービスだ。

 ジャービスは2013年のWEC第2戦スパ6時間と第3戦ル・マン24時間にアウディR18 e-トロン クワトロの3号車から参戦。2レースとも3位表彰台の獲得に貢献した。その他にもドイツのDTMなどでも活躍してきた。国内では2007年の全日本F3選手権に参戦経験がある。なお、19号車バンドウはドライバー未定となっている。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る