【SGT】レクサスが2014年SGT参戦体制を発表。サードにはオリバー・ジャービスが新加入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トヨタは30日、東京お台場にあるMEGAWEBで2014年のモータースポーツ活動に関する体制発表会を行った。

 これまでは、プレスリリースによる発表のみという形がとられてきたが、今年は多くの報道陣を招いて大々的な発表会が行われ、会場には豊田章男社長をはじめ、WEC、ダカールラリーをはじめ、国内のSUPER GTやスーパーフォーミュラのドライバーが登場した。

 レクサス・レーシングとして参戦するSUPER GTは、今年も5チーム6台の体制。昨年見事にチャンピオンを勝ち取ったセルモはカーナンバー1をつけて、新しく登場するRC-Fで戦う。ドライバーは今年も立川祐路と平手晃平のコンビだ。昨年後半に急激に勢いをつけた6号車ルマンも大嶋和也と国本雄資のコンビで変わらず。昨シーズン2勝を挙げた36号車トムスも中嶋一貴とジェームス・ロシターと継続。もう1台のトムス(37号車)には伊藤大輔とアンドレア・カルダレッリと、こちらも継続だ。

 脇阪寿一の離脱で空席となった39号車サード。石浦宏明のパートナーとして、新たにレクサスに加わるのは、昨年のWEC(世界耐久選手権)において名門アウディチームで活躍したオリバー・ジャービスだ。

 ジャービスは2013年のWEC第2戦スパ6時間と第3戦ル・マン24時間にアウディR18 e-トロン クワトロの3号車から参戦。2レースとも3位表彰台の獲得に貢献した。その他にもドイツのDTMなどでも活躍してきた。国内では2007年の全日本F3選手権に参戦経験がある。なお、19号車バンドウはドライバー未定となっている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る