【SGT】新GT500マシンはドライバー交代に時間がかかる!?各メーカー・チームの対応方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 開幕まで1ヶ月を切った2014年のSUPER GT。今シーズンからGT500クラスはDTM(ドイツツーリングカー選手権)と車両規則を統一。新規則に合わせてレクサスはRC F、ホンダはNSX CONCEPT-GT、日産はGT-Rが完成。先日行われた鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デーでも3台揃ってデモ走行を行った。

 今回の新規則により、全メーカーが同じモノコック(マシンの基本骨格)を使用することになったが、それにより一つ問題が生じることになった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 このモノコックはDTMとも共通なのだが、昨年までのGT500と比べて両サイドの空いている部分が狭くなっている。これにより、実際にボディカウルを付けてドアを開けると、ドライバーが乗り降りするためのスペースが昨年と比べて非常に限られることになった。

 横方向からのクラッシュでもドライバーの安全を守れるような構造になっているとのこと。DTMの場合はドライバー交代がないため、特に問題はなかったがドライバー交代が必要なSUPER GTでは、順位を大きく左右するピット作業時間内に交代も完了しなければならない。これまでは20秒弱でシートベルト装着も含めて完了していた交代作業だが、新モノコックでは少なくとも40秒かかってしまうと言われている。この40秒は現在のGT500クラスでの総ピット作業時間でもあるため、少しでもドライバー交代でミスが出れば、その分がロスタイムとなりピットアウト後の順位にも大きく影響してしまう。

 狭い出入り口でどうやって素早く交代を済ませるかで各メーカー・チームが頭を悩ませている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 3月1・2日に行われた鈴鹿ファン感でのデモ走行でも、昨年までと比べて各ドライバーとも乗り込みに苦労している様子。立川(レクサス)今まで通りの手順で乗り込み、松田(日産)は片足ずつ。まだこれといった乗り込み方は決まっていない様子だったが、昨年と比べると明らかに入りづらそうで、苦労している姿が見受けられた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 これに対し、小暮はモノコックのサイド部分に立ち上がった状態で足から順に入っていく方法をトライ。ホンダ陣営が全て乗り込み方法を統一しているのかは定かではないが、各陣営ともに1秒でも削るための試行錯誤が開幕まで行われそうだ。

 ドライバーの乗り込み方以外にもマシンに工夫を施しているメーカーもあった。それが日産GT-Rだ。RC FとNSXが従来通りの角度までしかドアが開かないのに対し、今季から登場する新型のGT-Rは、90℃近くまで開く仕様になっていた。これが実際にドライバー交代をスムーズにするための設計なのか定かではないが、少なからずドライバーが中へ入り込んでいくためのスペースが広くなることはなく、大きく開くことで外からコックピット内へ覗きこんでの作業もらくになるだろう。その分、ドアが開くスペースが大きくなってしまい、タイヤ交換など他の作業に支障が出る可能性もあるため、メリットばかりではないようだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今シーズンは、マシンの変更によりピット作業など細かい部分でも工夫や修正が必要なGT500クラス。今週末に行われる岡山公式合同テストや23・24日の富士メーカー合同テストでもピット作業のシミュレーションを行うチームが確実にあるだろう。現地に行く予定がある方は、是非ドライバー交代のやり方などをチェックしておくと、4月の開幕戦をより興味深く観戦することができるかもしれない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る