【F1】2014第2戦マレーシアGP:スコールで50分ディレイとなった予選、ハミルトンが2戦連続PP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MercedesAMG

 F1第2戦マレーシアGP。現地時間の29日に公式予選が行われた。舞台のセパン・インターナショナル・サーキットは、予選前に東南アジア特有のスコールに見まわれ、F1マシンが走行するには難しすぎるコンディションに。これにより、当初のQ1開始時刻から50分も遅れてセッションがスタートすることになった。グリーンシグナルが点灯すると各車インターミディエイトタイヤを装着してコースイン。

 雨ということで波乱の展開になるかと思われたが、順当にメルセデスAMG勢の2台が1分57秒前半を叩き出しワン・ツーで通過。3位にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)が入った。金曜日はトラブルでまともに走れなかった小林可夢偉(ケータハム)。土曜朝のフリー走行3回目もわずか7周のみと、ほとんど走り込めずに予選へ。それでも少ないチャンスを最大限に生かし、同僚マーカス・エリクソンを上回る20位(2分03秒595)でQ1を終えた。

 続くQ2では、雨脚がさらに強まり、豪雨用のウエットタイヤに装着するドライバーが増え始める。セッションスタートと同時に各車が一斉にコースインするが、そのアウトラップ中にフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とダニール・クビアト(トロ・ロッソ)が接触するハプニングが発生。赤旗中断となる。アロンソはフロントサスペンションを破損しており、再出走は不可能かと思われたがチームの迅速な作業により、セッション再開後まもなくしてコースイン。なんとかQ3進出を果たす。この他にもメルセデスAMG、レッドブル・レーシング、フェラーリ、マクラーレンの4チーム8台に加えニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)がQ3にコマを進めた。

 ポールポジションをかけた最終のQ3は12分勝負。ここでも各車ウエットタイヤでタイムアタックを行う。ここで速さを見せたのが前年度王者のベッテル。開幕戦オーストラリアGPでは雨の中でタイムを伸ばせずQ2落ちを喫したが、わずか2週間で悪い部分を見事に修正しQ3へ。アロンソ、ロズベルグらを大きく上回る1分59秒486を1回目のアタックで記録する。ところが、前戦でPPを勝ち取ったハミルトンも応戦。わずか0.055秒上回る1分59秒431で暫定ポール。マレーシアGPのQ3も雨コンディションとなってしまったが、その分見応えがあるQ3となった。各車が一度ピットに戻って2回目のアタック準備にとりかかったが、ここで雨脚が強まり再度アタックに挑んでもほとんどが更新できずにチェッカー。ハミルトンが開幕2連続、通算33回目のポールポジションを勝ち取った。2位には速さを取り戻した王者ベッテル、3位には最後のアタックでアロンソを上回ったロズベルグが入った。

 今回も雨により大荒れとなった公式予選。しかし、明日の決勝も同じように現地時間の16時00分と夕方からスタートとスコールが起きやすい時間帯。すでに雨予報も出ており、例年以上にスコールの影響を受けセーフティカーや赤旗など大荒れのレース展開になるかもしれない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る