【INDY】開幕戦でポールポジションを勝ち取った琢磨「オフシーズンでの努力が実った」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

 2014年のVERIZIONインディカーシリーズ第1戦St.ピーターズバーグ。現地時間の29日(土)に行われた公式予選で、佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)が見事ポールポジションを勝ち取った。

 昨年も序盤戦では上位グリッドを獲得。第3戦ロングビーチで日本人初のインディ優勝を成し遂げるなど、飛躍した1年だった琢磨。後半戦でも1度ポールポジションを奪うが、決勝レースでは不運なトラブルやアクシデントに見舞われ、完走できないレースが続くほど低迷してしまった。

この反省点を踏まえ、AJフォイトレーシングとオフシーズン中に集中してテストを行い、これまで良くなかった部分を克服。その成果が開幕戦から出たとHondaのリリースでコメントした。

佐藤琢磨コメント(Hondaリリースより)
「ファンタスティックな一日になりました。これ以上は望めないシーズンスタートを切れたと思います。今日の自分たちのパフォーマンスには本当に満足しています。オフシーズンの集中的なテストを行った努力が実りました。セント・ピーターズバーグでの私たちのマシンは、昨年も競争力が高かったと思います。しかし、昨年から今年にかけてはタイヤやエンジンなど、いろいろなものが変わっています。そうした状況下で、今日の予選は、短時間で天候が劇的に変わるコンディションで争われました。水たまりこそありませんでしたが、路面は滑りやすく、走行ラインを選んでアタックを続けていました。予選と予選の間には、マシンのセッティングを変更する必要がありました。そして、私たちはそれらの変更に対する判断や、タイヤの選択において、ベストの答えを見つけ出し、クルーたちはミスなく完ぺきな仕事をしてくれました。明日のレースでは不運に遭遇せず、やるべき仕事をチーム全員が確実にこなし、望む結果を手にできるよう、戦いたいと考えています」

 シーズン初戦から優勝へのチャンスが一気に膨らんでいる琢磨。しかし、フロントローにはトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)、3位にはライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)など強敵が脇を固めている状態。おそらく序盤から気の抜けないトップ争いが展開されるだろう。

 注目の決勝レースは、現地時間の30日(日)午後3時27分から行われる。果たして、琢磨は最後までトップを守ることができるのか?いきなり見どころ満載のレースになりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る