【INDY】2014第1戦St.ピーターズバーグ:決勝はウィル・パワーが優勝、琢磨は7位

©INDY CAR
©INDY CAR

 2014年VERIZONインディカーシリーズの開幕戦St.ピーターズバーグ。決勝レースが現地時間の30日に行われた。

 前日の公式予選では今年もフル参戦する佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)が素晴らしい走りを見せてポールポジションを獲得。いきなり2014年シーズン最初のウィナーになるのではないかと期待が集まった。

 パレードラップを終えて110周のレースがいよいよスタート。琢磨は抜群のタイミングでダッシュをかけ、余裕を持って1コーナーへ。2位にライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)、3位にトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)が続いていく。歴代のインディ王者や昨年優勝したメンバーを従えてオープニングラップを制した琢磨は、順調に後続を引き離しはじめ、12周目には2秒。20周を過ぎたあたりで5秒近いリードを築く。

 ここまでは完璧すぎるというレース運び第1スティントを終え、26周終わりでピットイン。給油とタイヤ交換を行う。インディではF1同様に異なるコンパウンドのタイヤを最低1度ずつ使用しなければいけない。琢磨をはじめ上位陣はスタート時にソフト側の“レッドタイヤ”を選択。中盤以降はハード側の“ブラックタイヤ”でレースを進めていく戦略をとる。レッドタイヤではライバルよりアドバンテージを得ていた琢磨だったが、ブラックに替えた途端にペースが伸び悩んでしまう。そして53周目の1コーナーで順位を上げてきていたウィル・パワー(チーム・ペンスキー)に抜かれ2位に後退。その後も厳しいレース展開となり、2回目のピットストップでアンダーカット(相手より早いタイミングでピット作業を済ませペースを上げること)を済ませていたエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)とハンターレイらにも逆転を許し表彰台圏内からも脱落。最終的に7位でチェッカーを受けた。

 優勝争いでは、トップに立ってから大きなリードを築いていたパワーだったが、終盤に入ったフルコースコーションで、一気にゼロに。カストロネベスとの同チーム対決に注目が集まったが、最後まで集中力を切らさなかったパワーが逃げ切り優勝。2位には終盤でカストロネベスを抜いたハンターレイが入った。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る